• 【ラブライブ!サンシャイン!!】 ダイヤ「鯉はいいですわね…」千歌「えへっ 千歌も恋に落ちちゃったかも♡」ダイヤ「」パクパク

  • 注目記事

  • 1: 名無しで叶える物語 2017/09/10(日) 16:00:13.83 ID:negTr+Tr.net

    千歌「どしたの?急に鯉みたいにパクパクして……食べる?」

    ダイヤ「た、食べませんわよっ!/////」

    3: 名無しで叶える物語 2017/09/10(日) 16:02:08.40 ID:jflYBqj3.net
    |c||^.- ^||続きを書いてもよくてよ?

     

    4: 名無しで叶える物語 2017/09/10(日) 16:10:04.59 ID:HkeQrfx2.net
    メメ´- ント

     

    5: 名無しで叶える物語 2017/09/10(日) 16:23:13.38 ID:9HzamfWW.net
    |c||´.- `||

     

    6: 名無しで叶える物語 2017/09/10(日) 16:27:31.92 ID:beL6gMLY.net
    パクパクするダイヤさんみたい

     

    7: 名無しで叶える物語 2017/09/10(日) 16:27:48.20 ID:E/TTD0cH.net

    千歌「あっ、今のは鯉と恋を掛けた……」

    ダイヤ「説明しなくていいですわーっ!!」ペチペチ

    千歌「んふふ。わざとです♡ 故意だけに」

    ダイヤ「もう! 千歌さんってばー!!」

    ダイヤさんくそかわ

     

    8: 名無しで叶える物語 2017/09/10(日) 16:42:40.01 ID:qzxqQClP.net

    ダイヤ「…ふぅ」

    果南「おつかれーダイヤ。どう、千歌は」

    ダイヤ「なんていうか、大変ですね。元気があり過ぎるというか、何に対しても全速力というか」

    果南「あはは、そうだよねー」

    ダイヤ「でも、そういうところが…素敵だと思いますわ」

    果南「おお…」

    ダイヤ「ん、なんですか?」

    果南「むーっ」

    ダイヤ「?」

    果南「千歌はあげないよ!」

    ダイヤ「えっ!?」

    果南「でも、ダイヤにならいっか!」

    ダイヤ「あなたは私と千歌さんのなんなんですの?」

    的なのをあくしてくださいな

     

    9: 名無しで叶える物語 2017/09/10(日) 16:45:29.65 ID:8Un0AdME.net
    鯉になりたいアクアリウム
    no title

     

    11: 名無しで叶える物語 2017/09/10(日) 17:30:35.63 ID:yTg/hs0M.net

    千歌「あっ、ダーイヤさんっ!」

    ダイヤ「あら、ご機嫌よう」

    千歌「おお…」

    ダイヤ「…なにか?」

    千歌「それっぽいなーって」

    ダイヤ「え?」

    千歌「あ、違う。生徒会長っぽいなー…お嬢様っぽいなー…んー、イマイチしっくりこない」ムムム

    ダイヤ(何やら始まりましたね)

    千歌「あ!わかった!」

    ダイヤ「はぁ」

    千歌「なんか、ダイヤさんっぽいなー!」ニコッ

    ダイヤ「…!」ドキ

    千歌「うん、これだ!」ヨシッ

    ダイヤ「…なんというか、千歌さんっぽいですね」

    誰か書いて、1人ではもたない

     

    18: 名無しで叶える物語 2017/09/10(日) 18:24:07.84 ID:WY7JTfzx.net
    >>11
    ゆゆ式感

     

    12: 名無しで叶える物語 2017/09/10(日) 17:44:11.23 ID:WIavKAAu.net
    |c||^.-^||

     

    14: 名無しで叶える物語 2017/09/10(日) 17:52:21.79 ID:yTg/hs0M.net
    思いつかないのでなんかネタください

     

    16: 名無しで叶える物語 2017/09/10(日) 18:17:26.36 ID:HSXSYx48.net
    おうちデートください

     

    17: 名無しで叶える物語 2017/09/10(日) 18:22:36.87 ID:6DzQciIG.net
    千歌ちゃんがダイヤさんを誘惑するのください

     

    19: 名無しで叶える物語 2017/09/10(日) 18:44:35.01 ID:d2aBiNTB.net
    イケメンダイヤさんください

     

    20: 名無しで叶える物語 2017/09/10(日) 18:55:57.84 ID:4+hsk05u.net

    ~十千万~

    ダイヤ「今日はお世話になります、こちら、つまらないものですが…」フカブカ

    ダイヤ「千歌さんは部屋に…はい、では上がらせていただきますね」

    ダイヤ(お宅にお邪魔するときはいつも緊張しますが、みなさん良くしてくださって。ご商売柄…いえ、千歌さんのご家族だからでしょうか)スタスタ

    ダイヤ「千歌さん、お邪魔しますね」

    ハーイ ドウゾ

    ダイヤ「失礼します…!?」

    千歌「おかえりっ、ダイヤさん!」ニパー

    ダイヤ「」

    千歌「あ、どうですか、今日の服。ちょっと頑張っちゃったんですけど…」テレ

    ダイヤ「」パクパク

    千歌「あ…やっぱり、変だったかな…あはは…」シュン

    ダイヤ「」ハッ

    ダイヤ「失礼しました、その…思わず見惚れてしまったもので」

    ダイヤ(って私は何を言って!?)

    千歌「本当!?似合ってます!?」パァァ

    ダイヤ「え、ええ…家の中で過ごす格好にしては、勿体無いくらいです」

    千歌「だって、今日はおうちデートなんだよ!外に行くとかそうじゃないとか、関係ないよ!」

    ダイヤ「デートって…まあ、デートですが…」

    千歌「ふふ♡」ニコニコ

    ダイヤ(意識してしまって…耳が熱くなってきました…)カァァ

     

    21: 名無しで叶える物語 2017/09/10(日) 19:10:36.88 ID:4+hsk05u.net

    なんやかんやありまして

    千歌「すみません、洗い物までしてもらっちゃって」

    ダイヤ「お夕飯をご馳走になったのですから、このくらい当然です。むしろ足りないくらいですわ」

    千歌「えへへ、好きですよ、ダイヤさんのそういうところ」

    ダイヤ(っ、すぐそういう事を言う…)ドキ

    ダイヤ「他にお手伝いできることがあれば、言ってくださいね」

    千歌「あ!じゃあじゃあ、英語の宿題を…」ススス

    ダイヤ「却下です。自分のことは、自分でおやりなさい」

    千歌「むぅ、ダメか…ならば」スッ

    ダイヤ「ん?どうして隣に…」

    千歌「えいっ」ギュ

    ダイヤ「!?」

     

    22: 名無しで叶える物語 2017/09/10(日) 19:21:22.73 ID:Ws0ciXpY.net
    |c||^.- ^||

     

    23: 名無しで叶える物語 2017/09/10(日) 19:23:05.66 ID:4+hsk05u.net

    千歌「えへへ、ハグしちゃった」ニコニコ

    ダイヤ「あ…う…」パクパク

    千歌「わたし、ね。もっとダイヤさんと一緒の時間が欲しくって」

    千歌「お出かけして映画見たり、ご飯食べたりっていうのも良いけど。家で一緒にテレビを見たりとか、お勉強とか…」

    千歌「もっとそんな、普段着のこと、当たり前のことを一緒にする時間が欲しいなって」ギュ

    ダイヤ「ち、ちか、さん…」ドキドキ

    千歌「だめ、かな…?」ウルウル

    ダイヤ(くっ、可愛らしさに呑まれそう…)

     

    24: 名無しで叶える物語 2017/09/10(日) 19:27:35.62 ID:lGd2BmQU.net
    いいぞ

     

    25: 名無しで叶える物語 2017/09/10(日) 19:44:35.30 ID:4+hsk05u.net

    千歌「ダイヤさぁん…」ウルッ

    ダイヤ(ハグ…潤んだ瞳と声…普段の明るさとのギャップが相まって、心が突き動かされそう)ドキドキ

    ダイヤ「千歌さん、こちらに座り直してくださいますか?」

    千歌「は、はいっ」スッ

    ダイヤ「千歌さん…」ジッ

    千歌「…」ゴクリ

    ダイヤ「鞠莉さんの仕業ですね」

    千歌「バレましたか」テヘペロ

     

    27: 名無しで叶える物語 2017/09/10(日) 20:38:16.00 ID:wTd4pKvi.net
    小原ァ!
    no title

     

    28: 名無しで叶える物語 2017/09/10(日) 20:54:42.36 ID:s8m1CEH9.net

    千歌「我らの作戦を見破るとは…さすがダイヤさん!」

    ダイヤ「あの人、また余計なことを吹き込んで…」ハァ

    千歌「あ、でも今回のことは私から頼んだんだよ、鞠莉さんに」

    ダイヤ「はいぃ?」

    千歌「今度のおうちデート、どうしたらいいかなって。そうしたら――」

    鞠莉『ちかっちの可愛い所を、包み隠さずアピールすればいいの。マリーにお任せっ!』

    千歌「――って!」

    ダイヤ「相談相手の人選を誤りすぎですわ」

     

    29: 名無しで叶える物語 2017/09/10(日) 21:08:52.25 ID:s8m1CEH9.net

    千歌「むー。あと一歩だと思ったのになー、ちぇー」

    ダイヤ「…やれやれですわ、まったく」ハグッ

    千歌「あ…」キュン

    ダイヤ(方法はともかくとして、千歌さんの想いは伝わりましたし)

    千歌「だ、ダイヤさん?」ドキドキ

    ダイヤ(悩んだり、迷ったり…私とのことを、千歌さんなりに一生懸命考えてのことだったのでしょうから)ギュ

    千歌「あぅ…」キュンキュン

    ダイヤ「いつもありがとう、千歌さん」ナデナデ

    千歌「う、うんっ!」エヘヘ

    no title

     

    30: 名無しで叶える物語 2017/09/10(日) 21:36:24.98 ID:s8m1CEH9.net

    ダイヤ「それにしても、鞠莉さんには困ったもので…」ヤレヤレ

    千歌「あはは、でもそんなに悪い感じじゃなかったと思うけどなー」

    ダイヤ「そりゃ、千歌さんは可愛いですから」

    千歌「わっ…」

    ダイヤ「他の人には、あんなことしないでくださいね」

    千歌「は、はいっ」

    ダイヤ「よろしい…あ。あと、千歌さんにお話しておきますが、鞠莉さんのことです」

    千歌「鞠莉さん?」

    ダイヤ「鞠莉さんはあの通り、人には景気の良いことを言いますけど、いざ自分がその立場になったら、慌てふためいて途端に何もできなくなるタイプですよ」

    千歌「ええ、嘘っ!あんなに経験豊富な大人なお姉さん感バリバリなのに!?」

    ダイヤ「大胆に振舞っていますけど、本質的には変わってないというのが私の見立てです。野暮なことを言うようですが、こちら以上にあちらは苦労が多いかと…」

    千歌「へー…さすが幼馴染ですね」

    ダイヤ「まぁ、それは」

    千歌「…負けられないっ」グッ

    ダイヤ「?」

     

    31: 名無しで叶える物語 2017/09/10(日) 21:38:03.92 ID:s8m1CEH9.net
    おうちデートで色仕掛けちかっちでイケメンダイヤさん、とりあえずこんな感じですまない
    他にあれば、書けたらかきます

     

    32: 名無しで叶える物語 2017/09/10(日) 23:21:35.73 ID:XYNi7NyU.net
    有能すぎひん?
    ダイヤさんがうっかり千歌ちゃんの裸を見ちゃうラッキースケベ的な

     

    33: 名無しで叶える物語 2017/09/10(日) 23:27:41.20 ID:V4Qb1lQH.net
    |c||^.- ^||いいですわゾ~

     

    34: 名無しで叶える物語 2017/09/11(月) 06:15:39.45 ID:jHb0Hli9.net
    ありがたやありがたや
    ダイヤさんとファンが交流してるのを見て嫉妬しちゃう千歌ちゃん的な

     

    35: 名無しで叶える物語 2017/09/11(月) 14:51:37.29 ID:K1/d/rW3.net
    はよ

     

    36: 名無しで叶える物語 2017/09/11(月) 18:34:22.20 ID:KGcwQ7JG.net
    |c||^.- ^|| あくしてくださいまし

     

    37: 名無しで叶える物語 2017/09/11(月) 21:36:57.09 ID:s765kZKN.net

    パシャ パシャ

    「…ありがとうございました!これからも頑張ってください!応援してます!」

    ダイヤ「はい、Aqoursをよろしくお願いいたします」ニコ

    「はいっ!失礼します!」タタッ

    ヤッタ ヤッタヨー!!
    ヨカッタネー!

    ダイヤ(お友達を待たせていたのね。それほどまでに私と…ふふ)

    千歌「だーいーやーさーん」ヌッ

    ダイヤ「ぴぎゃあ!?」ビクッ

    千歌「随分嬉しそうですね、どうしたんです?」

    ダイヤ「あ、ああ。実は先ほどまで、ファンの方とお話していまして」

    千歌「ふーん、そうですかー」

     

    38: 名無しで叶える物語 2017/09/11(月) 21:38:21.00 ID:s765kZKN.net

    ダイヤ「あの、千歌さん。なんか機嫌わるくないですか?」

    千歌「べっつにー、なんでもないです」ムスー

    ダイヤ「なんでもないようには見えないのですが」

    千歌「なんでもないです。ただ、ダイヤさんがファンの子に話しかけられて嬉しそうにしてたから、珍しいもの見ちゃったなーって!」

    ダイヤ「べ、別に嬉しそうになんか!って言うか、見ていたんですか…」

    千歌「ずいぶんはしゃいでましたよねー」

    ダイヤ「はしゃいでなどいません!『生徒会長たるものクールたれ』が信条のこの私が、ファンの方から話しかけられたくらいで…」

    千歌「ニコニコしながら握手したり、一緒に写真を撮ったり、『蝶よ舞い踊れ!』したり、どっからどー見てもはしゃいでたようにしかみえませんでしたけどねー」

    ダイヤ「そ、それは、えっと、その…」カァァ

     

    39: 名無しで叶える物語 2017/09/11(月) 21:40:32.05 ID:s765kZKN.net

    千歌「よかったですねー、ふーんだ」

    ダイヤ(く、見られていたとは不徳の極み…!ですが、どうして今日の千歌さんはこんなにもトゲトゲしいのです?)

    千歌「せっかくの、デートなのにさ…」ブツブツ

    ダイヤ(はっ!千歌さんのこの様子はもしや、噂に聞きし…!)

    ダイヤ「千歌さん、あなた今…」

    千歌「んー?」

    ダイヤ「嫉妬ファイヤーが燃え上がってるんですね?」

    千歌「…はああああっ!?」

    no title

     

    40: 名無しで叶える物語 2017/09/11(月) 21:41:51.62 ID:s765kZKN.net

    ダイヤ「あら、違いましたか…?」

    千歌「ち、が、い、ま、すー!誰が嫉妬なんてー!」

    ダイヤ(見当違いでしたか…私もまだまだですね)

    千歌「…ただ」

    ダイヤ(おっと?)

    千歌「ただ、その…ダイヤさん、見た事ない笑顔だったから、ついモヤモヤしちゃって、えっと…」モジモジ

    ダイヤ「…っ、かわいい」ボソ

    千歌「…っ」カァァ

     

    41: 名無しで叶える物語 2017/09/11(月) 21:45:20.81 ID:s765kZKN.net

    千歌「あー!もう!こんなの私らしくないよー!全部ダイヤさんのせいですからね!」

    ダイヤ「なっ、言いがかりにも程がありますわ!」

    千歌「事実です!事実でしょ!」

    ダイヤ「せっかくのデートですのに、会うなりそんなことばかり言って!もっと他に言うことはありませんの!?」

    千歌「……ってます」ボソ

    ダイヤ「はい?」

    千歌「…メガネ!よく似合ってますっ!!かわいい!!」

    ダイヤ「なっ、あっ…」パクパク

    千歌「むーっ、行きますよ!!」グイッ

    ダイヤ「うわ、ちょ、引っ張らないでくださいー!」

    no title

     

    42: 名無しで叶える物語 2017/09/11(月) 21:48:38.02 ID:s765kZKN.net
    すみません、ラッキースケベ後回しにしちゃいました
    嫉妬千歌っちでした

     

    43: 名無しで叶える物語 2017/09/12(火) 00:56:35.86 ID:hR0Ny3n6.net
    拗ねるちかっち可愛いなぁ!

     

    44: 名無しで叶える物語 2017/09/12(火) 01:15:15.84 ID:SWTDAGz1.net
    いい…すごくいい

     

    46: 名無しで叶える物語 2017/09/12(火) 13:09:37.58 ID:yh+VODxj.net
    ダイちかいいぞ

     

    47: 名無しで叶える物語 2017/09/12(火) 18:56:20.24 ID:uJ20N0OZ.net

    おうちデートの延長で

    ダイヤ「ふぅ、やはり温泉は良いものですね」ポカポカ

    千歌『お待たせしましたっ!お客さんの時間終わったから、温泉に入れるよ!…えっ!?一緒に入らないの!?』

    ダイヤ(思い返すと勿体無い気もしますが…いやいや、私たちにはまだ早いのです…)スタスタ

    千歌『むー、いけず!ダイヤさんなんか知らない!先に入ってきて!…ふて寝するの!』

    ダイヤ(むぅ、やっぱり悪いことをしてしまったかしら…)ウーン

    ダイヤ(日が浅いとはいえ、私たちはちゃんとお付き合いしている関係なわけですし…)ウーーン

     

    48: 名無しで叶える物語 2017/09/12(火) 18:57:20.56 ID:uJ20N0OZ.net

    ダイヤ(よ、よし。部屋に戻ったら、思い切って私から甘えてみましょう…!)

    ダイヤ「千歌さん、お風呂お先にいただきまし――」フスマ スー

    千歌「あっ」

    ダイヤ「えっ」

    千歌さん、服を脱いで、かわいい、鏡の前で、ふて寝は、かわいい、なんでそんな、見ちゃった、かわいい

    千歌「あっ、ああっ」カァァ

    ダイヤ「あっ!えっ、その」

    千歌「きゃああああああっ!!」ブンッ

    ダイヤ「ぴぎゃっ!?」ベシッ

     

    49: 名無しで叶える物語 2017/09/12(火) 18:58:41.68 ID:uJ20N0OZ.net

    …………………

    ダイヤ「だから、わざとじゃなくて事故ですって!」

    千歌「ダイヤさんのへんたい!むっつりスケベ!」

    ダイヤ「本を投げらた挙句、なんでそんなこと言われなきゃならないんですか!?」

    千歌「ダイヤさんが覗いたからでしょ!」

    ダイヤ「覗いてなどいません!千歌さんこそ、何故は、裸で…」

    千歌「~!」ポカポカ

    ダイヤ「いたっ、いたい!なにするんですかあ!」

    千歌「ダイヤさんがデリカシーないこと言うからです!」

     

    50: 名無しで叶える物語 2017/09/12(火) 18:59:56.92 ID:uJ20N0OZ.net

    ダイヤ「デリカシーって、先ほどは一緒にお風呂に入ろうって言ってたじゃないですか!」

    千歌「今のは完全に不意打ちなの!見せるつもりじゃなかったの!」

    ダイヤ(そういうものなのでしょうか…)

    千歌「うぅー…こんなつもりじゃあ…変なとこ見られたぁ…」

    ダイヤ「あっ、もしかして」

    千歌「え?」

     

    51: 名無しで叶える物語 2017/09/12(火) 19:00:33.92 ID:uJ20N0OZ.net

    ダイヤ「これも鞠莉さんの差し金で」

    千歌「ちーがーうー!!」

    美渡「あんたたちぃ…!」ゴゴゴゴゴ

    no title

     

    52: 名無しで叶える物語 2017/09/12(火) 19:01:24.78 ID:uJ20N0OZ.net

    美渡 プンスコ

    ダイちか「はい、うるさくしてすみませんでした…」

    美渡「次やったら、しいたけハウスで寝てもらうからね!」

    ピシャ

    千歌「うぅ、怒られた…」

    ダイヤ「お客様のことを忘れて騒ぎすぎましたね…ごめんなさい」

    千歌「いいんだよ、私が原因なんだし…」シュン

    ダイヤ(千歌さん…寂しそうな顔…)

     

    53: 名無しで叶える物語 2017/09/12(火) 19:02:08.41 ID:uJ20N0OZ.net

    ――お付き合いしている関係――

    ――思い切って私から甘えて――

    ――ダイヤさんのいけず!――

    ――こんなつもりじゃ…――

    ダイヤ(あ…!)ハッ

    ダイヤ(そうか、そういう…)

     

    54: 名無しで叶える物語 2017/09/12(火) 19:03:02.68 ID:uJ20N0OZ.net

    ダイヤ「…騒いで、汗、かいちゃいましたね」

    千歌「美渡ねぇに怒られて、冷や汗もだよ…」

    ダイヤ「よければ、その…一緒にお風呂、行きませんか?」

    千歌「えっ?でも、ダイヤさんさっき…」

    ダイヤ「あれは、私が臆病だっただけです。千歌さんだって、勇気を出して誘ってくれたはずなのに…」

    ダイヤ「今になって、さっきの千歌さんの気持ちがようやくわかりました…ごめんなさい」

    千歌「ダイヤさん…!」

    ダイヤ「悲しい思いをさせてしまって、今更遅いかもしれませんが…わぶっ!?」

    千歌「…へへ」ギュ

    ダイヤ「…ふふっ」ギュ

     

    55: 名無しで叶える物語 2017/09/12(火) 19:11:50.53 ID:uJ20N0OZ.net
    ラッキースケベ編でした
    ダイちか難しい、こんな調子でよければネタください

     

    56: 名無しで叶える物語 2017/09/12(火) 19:17:55.68 ID:2KhbQW0F.net
    あなたは最高です

     

    57: 名無しで叶える物語 2017/09/12(火) 19:45:41.53 ID:rrMBD2p6.net

    |c||^.- ^||从/*^ヮ^§从いいぞ

    ルビィちゃんにプリンを食べている時のお姉ちゃんはいつもより表情が豊かで可愛いという話を聞いて最高の抹茶プリンを作ろうといろいろ奮闘するちかっちで一つ

     

    58: 名無しで叶える物語 2017/09/13(水) 01:56:43.97 ID:0+bTfXoa.net

    千歌「…」コソコソ

    ルビィ「…」コソコソ

    千歌「…これを」サッ

    ルビィ「ふむ…確かに」チベタイ

    千歌「では…」

    ルビィ「いいでしょう、お話ししますよ。おねぇちゃんの秘密を――」

     

    59: 名無しで叶える物語 2017/09/13(水) 01:57:50.10 ID:0+bTfXoa.net

    千歌「ダイヤさんの、秘密…」ゴクリ

    ルビィ「…おねぇちゃんが、プリンが好きってことは知っていますね?」

    千歌「もちろん…まさか、そんなプロフィールどおりの情報が、姉妹しか知らないダイヤさんの秘密ってわけじゃないよね?」

    ルビィ「ふふ、まあまあ慌てないでください。それに、公開されてるプロフィールだからといって、案外バカにはできませんよ?」

    千歌「なにぃ…」

    ルビィ「察するに…おねぇちゃんはまだ、千歌ちゃんの前でプリンを食べたことは無いみたいですね?」

    千歌「…それが?」

     

    60: 名無しで叶える物語 2017/09/13(水) 01:59:09.39 ID:0+bTfXoa.net

    ルビィ「ここだけの話ですが…おねぇちゃんはプリンを食べている時、他では決して見せないような可愛い顔をするんです」

    千歌「なんだって…!」ガタッ

    ルビィ「落ち着いてください、目立ちますよ…」

    千歌「…っ、詳しく聞かせて」

    ルビィ「ふふ…」ニヤリ

    …………

    ……

     

    61: 名無しで叶える物語 2017/09/13(水) 02:01:24.09 ID:0+bTfXoa.net

    ルビィ「…以上です、参考になりましたか?」

    千歌「充分すぎるくらい、ね…」

    ルビィ「でも、ルビィが出来るのはここまで。上手くいくかどうか、全ては千歌ちゃん次第…」

    千歌「わかってるよ…アイス、溶けないうちに食べて」マタネ

    ルビィ「うふふ、幸運を…」バイバイ

    ルビィ「さてさて、ご褒美のアイスちゃんを早速…って、もう溶け始めてるー!」アセアセ

    善子「部室の隅でなにやってるのかしら、あの2人」

    果南「多分、裏取引?」

    梨子「バレバレもいいところだね…」

     

    62: 名無しで叶える物語 2017/09/13(水) 02:02:15.33 ID:0+bTfXoa.net

    ~翌日~

    千歌「…」コソコソ

    曜「…」コソコソ

    千歌「いつもごめんね、頼りにしちゃって」

    曜「持ちつ持たれつだよ、こっちも助けてもらってるからね」

    千歌「じゃあ…」

    曜「うん。時間がない、早く始めるよ」

    善子「今度は調理室で何やってるのかしら」

    果南「んー、なんとなく想像できてきたよ」

    梨子「むー?」

     

    63: 名無しで叶える物語 2017/09/13(水) 02:03:20.92 ID:0+bTfXoa.net

    …………………

    千歌「…!美味しい!」

    曜「ふふ。まーこんな具合かな。そんなに難しくなかったでしょ?」

    千歌「ん。でも、隣で教えてもらいながらだからなんとか作れたけど…私ひとりでできるかな…」

    曜「レシピも渡すから。後は千歌ちゃんの頑張り次第だよ」

    千歌「…うん、やってみる!ありがとう曜ちゃん!」

    曜「こういうのはお互い様だから。今度は私のお願いも、よろしくね?」ニシシ

    千歌「うんっ、このご恩は必ず!でも、この完成品はどうするの?結構たくさん作っちゃったけど」

    曜「あー、ちょっと使い道があるんだ。千歌ちゃんの分は2個でいい?」

    千歌「あ、うん。ありがとう…?」ハテ

     

    64: 名無しで叶える物語 2017/09/13(水) 02:04:21.74 ID:0+bTfXoa.net

    善子「あ、出てきた。終わったみたい――って、曜さんがこっちに!?」

    果南「おー、さすが曜。バレてたか」

    曜「覗きはあんまりいい趣味じゃないよ?はい、これ口止め料」

    梨子「これは…抹茶プリン?」

    果南「お疲れ様、曜。いつも私の幼馴染たちがすまないね」

    曜「あはは、私もその一人だしねー」

     

    65: 名無しで叶える物語 2017/09/13(水) 02:05:39.36 ID:0+bTfXoa.net

    ~数日後、十千万~

    ダイヤ「千歌さん、お邪魔します」

    千歌「おかえり、ダイヤさん!」ニパー

    ダイヤ「前から気になってたんですが、なんでおかえり、なんですか?」

    千歌「え?んー、なんかおかえりって感じじゃない?」

    ダイヤ「はぁ…まあいいですけど」

    千歌「ふふっ。ところでダイヤさん、そろそろおやつの時間ですよね」

    ダイヤ「え?先ほどお昼を食べたばかりなのですが…」

    千歌「甘いものが食べたくなる時間ですよね!」ズイッ

    ダイヤ「え、ええ…まあ…」

    千歌「ですよねー!ちょっと待ってて!」ドタバタ

    バカチカー シズカニシナサイ
    ゴメーン

    ダイヤ「…相変わらず賑やかですこと」クスッ

     

    66: 名無しで叶える物語 2017/09/13(水) 02:06:38.47 ID:0+bTfXoa.net

    ダイヤ「…なかなか戻ってきませんわ」

    トタトタ

    ダイヤ「おや、話をすれば」

    フスマ スー

    千歌「お待たせ!」

    ダイヤ「お帰りなさ――っ!?」ガタッ

    千歌「ふふーん」ドヤァ

    ダイヤ「そ、それは。その手に持っているものは…!」

    千歌「こちら、千歌っち特製の抹茶プリンでございます!」ジャーン

    ダイヤ「千歌さん特製…作ったんですか!?抹茶プリンを!?」

     

    67: 名無しで叶える物語 2017/09/13(水) 02:07:41.18 ID:0+bTfXoa.net

    千歌「説明は後、後!さあさあ、どうぞお召し上がりくださーい!」スッ

    ダイヤ「え、ええ。いただきます…」

    千歌「…」ドキドキ

    ダイヤ(千歌さんの手作りプリン…しかも抹茶…!)スッ

    あむっ

    ダイヤ「――!!」

    その時、黒澤ダイヤに電流走る――!

     

    68: 名無しで叶える物語 2017/09/13(水) 02:09:18.46 ID:0+bTfXoa.net

    ダイヤ「ん~!おいっしぃ~!」

    千歌「本当!?本当に!?」

    ダイヤ「ええ!本当に美味しいです!」

    ダイヤ「中に入っている小豆の甘さが、抹茶のほろ苦さと引き立てあって、奇跡的なハーモニーを奏でている…!」あむあむ

    ダイヤ「数々の抹茶プリンを食してきた私ですが、こんなに美味しいものは食べたことがありませんわ!」

    千歌「や、やったぁー!」ワーイワーイ

    ダイヤ「ふふふ…って!」ハッ

    ダイヤ(い、いけない…プリンでこんなにはしゃいでしまうなんて、それも千歌さんの前で…!)

    千歌「嬉しいなぁ、可愛いダイヤさんが見れて!」

    ダイヤ「か、かわいいって…」

    千歌「喜んでるダイヤさん、とーっても可愛いよ!」ニコッ

    ダイヤ(ぅ、その笑顔はずるい…)

    no title

     

    69: 名無しで叶える物語 2017/09/13(水) 02:11:22.41 ID:0+bTfXoa.net

    ダイヤ「おほん…ですが、何故抹茶プリンを?」

    千歌「ダイヤさんに喜んでほしくって!ダイヤさんの好きなプリンと抹茶味を、組み合わせてみたの!」

    ダイヤ「ああ…!ですが、実際に作るのは大変だったでしょうに」

    千歌「そこは曜ちゃんにお願いしたんだ!作り方教えてーってね」

    ダイヤ「スイーツまで手掛けるとは、曜さん凄いですねぇ…」フム

    千歌「あっ、でもでも!中に小豆を入れるっていうのは私のアイデアなんだよ!」

    ダイヤ「ほぉ、それは眼を見張る発想力です」

    千歌「そうでしょ、そうでしょ!」ニパー

    ダイヤ(表情豊かで、かわいい…)ニコ

     

    70: 名無しで叶える物語 2017/09/13(水) 02:13:17.83 ID:0+bTfXoa.net

    ダイヤ「ごちそうさまでした」

    千歌「はい、お粗末様でした♪」

    ダイヤ(ふぅ、あっという間に食べてしまいました)

    千歌「ねえ、そっち行ってもいい?っていうか行くね!」ハグッ

    ダイヤ「わっ!と、唐突ですね…」

    千歌「ねーダイヤさん」

    ダイヤ「はい?」

    千歌「チカ頑張った?頑張ったよね?」

    ダイヤ「もちろんです。頑張りが伝わってくる出来栄えで、とっても美味しかったですよ」

    千歌「えへへ、褒めてほめてー♪」

    ダイヤ「ふふ、今日の千歌さんは甘えんぼですね」ヨシヨシ

    千歌「にゃ~ん♪」

     

    71: 名無しで叶える物語 2017/09/13(水) 02:14:16.07 ID:0+bTfXoa.net

    ダイヤ(実際、どこに出しても恥ずかしくないくらいの、素晴らしい完成度でした)

    ダイヤ(これほどの域に辿り着くまでに、相当練習を重ねたのでしょうし。私のために沢山頑張ってくれた…)

    ダイヤ「私は、幸せ者ですね」ナデナデ

    千歌「へへっ、また可愛いダイヤさんが見れるように、あと、おまけに食レポが聞けるように、これからも頑張りますからね!」

    ダイヤ「っ、それは…ぅぅ…」カァァ

    千歌「照れてる照れてる。ふふふ」ニコニコ

    ダイヤ(でも、他ならぬ千歌さんが作ってくれたんです。嬉しくなっちゃうのも、しょうがないですよね…?)

     

    72: 名無しで叶える物語 2017/09/13(水) 02:17:39.28 ID:0+bTfXoa.net

    妙に長くなってすみません、ネタ提供ありがとうございました、抹茶プリン編でした

     

    74: 名無しで叶える物語 2017/09/13(水) 04:32:52.82 ID:Dp5hRt0f.net
    こんな感じで、頑張りを褒めて貰って嬉しそうにダイヤさんに甘える千歌ちゃんと自分の為に頑張ってくれて少し照れるけどとても幸せそうなダイヤさんが見たかったんだよ…!
    おつおつ

     

    73: 名無しで叶える物語 2017/09/13(水) 03:59:18.88 ID:aTFDysrW.net

    文章から愛おしい感じが伝わって来て凄く好き

     

     

     

     

     

  • 注目記事

  • コメント

    ※誹謗中傷や荒らし行為など、他の閲覧者様が不愉快になる内容のコメントは非表示及びコメント禁止とさせていただく場合があります。ご了承ください。
    1. 匿名 より:

      |c||^.- ^|| とてもよいダイちかでしたわ

    2. 匿名 より:

      ダイちかも悪くはないんだが・・・