• 【ラブライブ!サンシャイン!!】 千歌「秋のおそろいダイヤさん!」

  • 注目記事

  • 1: 名無しで叶える物語 2017/10/04(水) 22:31:56.17 ID:pLfpjJGS.net
    ちかダイ

    3: 名無しで叶える物語 2017/10/04(水) 22:33:53.03 ID:1p5zwNmp.net

    沼津駅前

    ダイヤ「うぅ…」モジモジ

    アノコカワイイ
    アキダネー

    ダイヤ(道行く人の視線が気になる…)

    ダイヤ(着慣れない服、いつもと系統が違いますし…やはり、私には似合わなかったのでは…)

    マチアワセ カナ
    イイネー

    ダイヤ「うぅ…まったく、どうしてこんなことに…」

    ダイヤ「千歌さぁん…」

     

    4: 名無しで叶える物語 2017/10/04(水) 22:35:39.72 ID:1p5zwNmp.net

    数週間前

    千歌『もう秋物が出てますねー。あっ、これ可愛い!』

    千歌『え?違いますよ、着るのはダイヤさんです。まあ、私も試着しますけどね!』

    千歌『大丈夫、大丈夫ですって。絶対似合うから!いいから試着室に突撃なのだー!』

    千歌『わあ、可愛い!すっごく可愛いよダイヤさん!すみませーん、この服ください!』

    千歌『あはは、だって本当にお似合いなんだもん!私も同じのを買うから、秋になったらお揃いコーデでお出かけしようね!』

     

    5: 名無しで叶える物語 2017/10/04(水) 22:37:20.70 ID:1p5zwNmp.net

    ダイヤ(お揃いコーデ。いわゆるペアルック…)

    千歌『お揃いっていいじゃないですか!私達がとっても仲良しだってことなんだし!』

    ダイヤ(普段着ないような服を着ているだけでも変な気分なのに、千歌さんとお揃い服なんて…)

    千歌『明日は秋らしい日になるんだって!いよいよお揃いコーデのチャンスだよ、ダイヤさん!』ニパー

    ダイヤ(あの笑顔に押し切られてしまったというか。私も弱いから…)ウーン

    千歌「ダーイヤさんっ!」ポンッ

    ダイヤ「ぴぎゃぁ!?」

     

    6: 名無しで叶える物語 2017/10/04(水) 22:38:26.14 ID:1p5zwNmp.net

    千歌「なーに難しい顔してるんですか?こんな爽やかな秋晴れなのに」

    ダイヤ「あ、ああ。ごきげんよう、千歌さん」

    千歌「へへ、ごきげんよーダイヤさん!その服、やっぱり似合ってるね!」ニコニコ

    ダイヤ「ぅ、ありがとうございます…千歌さんも、よくお似合いですよ」

    千歌「本当に?やったー!」

    ダイヤ(千歌さんも同じ服。可愛い…じゃなくて!い、意識すると余計気恥ずかしく…)

     

    7: 名無しで叶える物語 2017/10/04(水) 22:40:22.22 ID:1p5zwNmp.net

    千歌「ふふ、ついにこの服を着る時がやって来たって感じですね!」

    ダイヤ「また大げさなことを…」

    千歌「大げさじゃないよ!せっかくお揃いの秋物を買ったのに、暑さが長引いたせいで着るに着られず…」ムムム

    ダイヤ「まぁ、着る機会が無かったのは確かですが」

    千歌「だけど今日は!秋の日差しと秋の風…待ちに待った秋っぽい日!秋物解禁にベストな天気だよ!」

    ダイヤ(先程から秋、秋言い過ぎでは…)

    千歌「その上、ダイヤさんとのお揃いコーデ!これが嬉しくないわけがないよ!」ニパー

    ダイヤ「…ぅ」カァァ

    ダイヤ(だから、その顔はずるいですって…)

    no title

     

     

     

    8: 名無しで叶える物語 2017/10/04(水) 22:41:49.09 ID:1p5zwNmp.net

    千歌「へへ、嬉しいな!ダイヤさん、ちゃんと着てきてくれたもん!」

    ダイヤ「ん?ちゃんと、って?」

    千歌「あ…!」シマッタ

    ダイヤ「千歌さん?」

    千歌「あはは…えっとね。もしかしたらダイヤさん、お揃いとかあまり好きじゃないんじゃないかなーって思ってて」ポリポリ

    ダイヤ「え…?」

    千歌「正直に言いますけど…この服を買った時も、お揃いしよーって昨日話したときも、結構緊張したんですよ?」

    千歌「私の希望に、無理矢理ダイヤさんを付き合わせちゃってるんじゃないかなって」

    ダイヤ「あっ…」

     

    9: 名無しで叶える物語 2017/10/04(水) 22:44:57.72 ID:1p5zwNmp.net

    千歌「だから、嫌な気持ちにさせちゃったらどうしようって思ったんですけど」

    千歌「それでも、その服を着たダイヤさんが見たかったし。それに――」

    千歌「それに、ふたり同じ服を着ることでね、お互いを想い合う気持ちを確かめ合いたかったっていうか。あの、その…うぅ…」カァァ

    ダイヤ「…!」

    千歌「あはは、なんか口に出すと恥ずかしいね!柄にもないことしちゃったかなー、なんて…」

    ダイヤ「…ふぅ、千歌さん」

    千歌「は、はいっ」

    ダイヤ「貴女は私のことを、よく理解してくれているのですね」

    千歌「…えっ?」

     

    10: 名無しで叶える物語 2017/10/04(水) 22:45:23.52 ID:F+/WxxWa.net
    |c||^.- ^||

     

    11: 名無しで叶える物語 2017/10/04(水) 22:46:26.74 ID:1p5zwNmp.net

    ダイヤ「確かに、この服を着るのは勇気が必要でした。普段着る系統ではありませんし、ましてお揃いの服」

    ダイヤ「柄にもないことをしているのは、私の方だと思います」

    千歌「うっ、やっぱり迷惑に…」シュン

    ダイヤ「ですが、それも良いなと思えるようになりました」

    千歌「えっ?」

    no title

     

     

     

    12: 名無しで叶える物語 2017/10/04(水) 22:47:04.70 ID:IkYUKh3w.net
    いいぞ

     

    13: 名無しで叶える物語 2017/10/04(水) 22:51:23.41 ID:1p5zwNmp.net

    ダイヤ「さっき千歌さんは、想い合う気持ちを確かめたいと言ってくれました」

    ダイヤ「私も同じです。千歌さんともっと沢山のものを共有したい、これから先も共にありたいと思っています」

    ダイヤ「その一つが、このお揃いの服なんだ…そう思うと、なんだかとても愛おしく思えて、恥ずかしさはどこかに行ってしました」クス

    千歌「ダイヤさん…!」

    ダイヤ「千歌さん。これからも、臆病な私を知らない世界に連れ出してくださいね?」

     

    14: 名無しで叶える物語 2017/10/04(水) 22:53:17.63 ID:1p5zwNmp.net

    千歌「…っ、ダイヤさんっ!」ハグッ

    ダイヤ「わっ!?ちょっと、ここは人前…!」

    千歌「んー、ダイヤさんは可愛いなぁ」ギュ

    ダイヤ「ち、千歌さんっ」アセアセ

    千歌「ふふっ、大好き!」

    ダイヤ(…お揃いの服を、本当に楽しみに
    していたのね。さっき秋を連呼していたのも、きっとそれで…)ギュ

    ダイヤ「…せっかくお揃いの格好をしているのです。気分も楽しくお揃いにしないといけませんね」クス

    千歌「そうそう!そうだよ!」

    ダイヤ「では、そうと決まれば出発です!行きますわよ、千歌さん!」

    千歌「おーっ!」

     

    16: 名無しで叶える物語 2017/10/04(水) 22:56:21.14 ID:1p5zwNmp.net

    ダイヤ「映画が始まるまで時間がありますから、少し歩きましょうか」ギュ

    千歌「わっ」

    千歌(ダイヤさんから手を…!)

    ダイヤ「そうです、この前気になっていた雑貨屋さんに行ってみましょう!」

    千歌「は、はい…」

    ダイヤ「ふむ、最近はどこのお店でもハロウィン関係が増えましたね。月日の流れは早いものです」

    千歌「…」

    ダイヤ「ラブライブのこと、学校のこと。いろいろありますが、一日、一日を心豊かに過ごしたいものですね」

    千歌「…」

     

    17: 名無しで叶える物語 2017/10/04(水) 22:57:26.14 ID:1p5zwNmp.net

    ダイヤ「千歌さん?どうしました、急に静かになって」

    千歌「あの、その…」

    ダイヤ「んっ?」

    千歌「――ダイヤさんとお揃いって嬉しいけど…」

    千歌「やっぱり、少し照れちゃうなって…えへへ♡」

    ダイヤ「ぁぅ…」カァァ

    終わり

     

    18: 名無しで叶える物語 2017/10/04(水) 22:58:27.21 ID:PR7t7YtR.net

    ダイヤさん可愛い
    no title

     

     

     

    19: 名無しで叶える物語 2017/10/04(水) 22:58:35.97 ID:1p5zwNmp.net

    おまけ

    ダイヤ「ハロウィンって、ここ数年でメジャーになったというか、いつの間にか定着したってイメージですね」

    千歌「あれ、ダイヤさんはやらなかった?子どもの頃カボチャの被り物して、お菓子くれなきゃイタズラしちゃうぞーって」

    ダイヤ「覚えがありませんが…」

    千歌「私はやったよ。曜ちゃんに衣装を作ってもらって、ご近所をまわってたんだー」

    ダイヤ「それ、単に千歌さんがお菓子が欲しくてやってただけじゃないんですか?あと、曜さんのコスプレ趣味の影響とか」

    千歌「あはは、バレました?幼いながら『こりゃいいな』って思ったんですけどねー」

     

    20: 名無しで叶える物語 2017/10/04(水) 23:00:45.00 ID:1p5zwNmp.net

    千歌「でも、ダイヤさんは本当にやったことないんですか?楽しいこと好きの鞠莉さんなら、真っ先にやりたがると思うけどなあ」

    ダイヤ「あ。そう言われれば、幼い頃に誘われて、仮装したことがありましたねぇ」

    千歌「おお!どんな感じでした?いっぱいお菓子をもらったりとか?」

    ダイヤ「私の場合は、お菓子をあげる側でしたね」

    千歌「あげる?鞠莉さんや果南ちゃんに?」

    ダイヤ「いえ。鞠莉さんのホテルのロビーで、お客様にキャンディーを配るお手伝いをしていました」

    千歌「へー、面白そう!ウチでもやればよかったなぁ、お小遣いもらえたかも…」ムムム

    ダイヤ(小さな千歌さんと曜さんでお手伝い…ふふ、微笑ましいですね)クス

     

    21: 名無しで叶える物語 2017/10/04(水) 23:01:39.32 ID:1p5zwNmp.net

    千歌「ちなみに、ダイヤさんはどんな衣装だったんですか?」

    ダイヤ「私は魔女の格好を」

    千歌「へー!とんがり帽子かぶって、箒を持って?」

    ダイヤ「ええ、確かそんな感じで…ちょっと、そのニヤニヤはなんですか」

    千歌「んー?ダイヤさんの魔女ってすごく似合うなーって」ニマニマ

    ダイヤ「む。それ、どういう意味ですか?」

    千歌「だってイメージぴったりなんだもん。内浦の魔女・黒澤ダイヤ!うん、なんか名前だけでも絵になりますね!」

    ダイヤ「私にどんなイメージを持ってるんですか!まったく、そうやってすぐ茶化して…」

    no title

     

     

     

    22: 名無しで叶える物語 2017/10/04(水) 23:03:59.72 ID:1p5zwNmp.net

    千歌「そうだ!今度Aqoursでハロウィンパーティをやったらどうかなー?」

    ダイヤ「また突拍子もないことを…」

    千歌「曜ちゃんに衣装作ってもらって、みんなで飾り付けとお菓子を用意して…うんうん、これは盛り上がること間違いなし!」

    ダイヤ「千歌さん、千歌さーん。自分の世界に入る前に私の話を聞いて――」

    千歌「ダイヤさんは魔女で、善子ちゃんとペア!」

    ダイヤ「――手遅れね、既に配役まで」

    千歌「魔女ダイヤさんに、堕天使ヨハネちゃん…うん、イケる!きっと市内の保育所や幼稚園に引っ張りだこだね!」

    ダイヤ「それはもはやパーティじゃなくて、出し物じゃないですか!」

    おまけ 終わり

     

    23: 名無しで叶える物語 2017/10/04(水) 23:05:14.93 ID:1p5zwNmp.net

    おまけ2

    部室

    ダイヤ「よく言うでしょう。秋は夕暮れ、と」

    千歌「なにそれ?」

    ダイヤ「なにって…枕草子です。ご存知でしょう、春はあけぼの、やうやう白くなりゆく…」

    千歌「あ、聞いたことある!でも、あけぼのってなに?お相撲さん?」

    ダイヤ「…夜明けの頃のことです」

    千歌「あ、サンライズ!ハロ!」

    ダイヤ「どうしていきなり英語になるんですか。それに、どちらかといえばデイブレイクかドーンが適当だと思うのですが」

    千歌「おお、なんか必殺技みたいだね!究極奥義デイブレイク!どーん!!って!」

    ダイヤ「はぁ…」

     

    24: 名無しで叶える物語 2017/10/04(水) 23:13:19.11 ID:1p5zwNmp.net

    千歌「ちなみに、他の季節はどんな感じなの?」

    ダイヤ「えっと、夏は夜で、冬は早朝ですね」

    千歌「へー!さすがダイヤさん、物知りー!」

    ダイヤ(中学で習う内容だと思うのですが…)

    千歌「話は戻るけど、今の時期は夕方がいいって事なの?」

    ダイヤ「はい。この季節の自然の景色や差し込む夕陽、虫の鳴く声…とても風情があります」

    千歌「ふーん。チカそういうのよくわかんないけどさ」

    千歌「どんな季節でも、どんな時間帯でも。ダイヤさんと一緒なら、きっと素敵だと思うけどな!」ニコッ

    ダイヤ「!」ドキッ

    千歌「へへ、なんてねっ!」ニパー

    ダイヤ「…っ」パクパク

    果南「相変わらずお熱いことで。見てよ、ダイヤ鯉みたいにパクパクしてる」ニヤニヤ

    曜「完全に2人の世界に入ってるね。私たちが居ることを忘れてるよ、あれは」ニヤニヤ

    鞠莉「梨子、ちょっと窓開けてー」ニヤニヤ

    梨子「ふふ、さすがに肌寒いですって」

    おまけ2 終わり

     

    26: 名無しで叶える物語 2017/10/04(水) 23:46:57.06 ID:OVULJ31J.net

    やっぱり”ちかダイ”なのですわね…
    no title

     

     

     

    27: 名無しで叶える物語 2017/10/05(木) 01:44:52.39 ID:mmHh6zAu.net
    |c||^.- ^||从/*^ヮ^§从

     

    28: 名無しで叶える物語 2017/10/05(木) 05:24:36.00 ID:NNhwPQ8g.net
    ホントちかダイ好き

     

    29: 名無しで叶える物語 2017/10/05(木) 06:26:11.74 ID:Ig14fOJv.net
    この人のちかダイ本当好き
    乙でした!

     

    30: >>13誤字訂正です 2017/10/05(木) 07:22:09.14 ID:XpK3mDJa.net

    ダイヤ「さっき千歌さんは、想い合う気持ちを確かめたいと言ってくれました」

    ダイヤ「私も同じです。千歌さんともっと沢山のものを共有したい、これから先も共にありたいと思っています」

    ダイヤ「その一つが、このお揃いの服なんだ…そう思うと、なんだかとても愛おしく思えて、恥ずかしさはどこかに行ってしまいました」クス

    千歌「ダイヤさん…!」

    ダイヤ「千歌さん。これからも、臆病な私を知らない世界に連れ出してくださいね?」

     

    31: 名無しで叶える物語 2017/10/05(木) 07:28:18.23 ID:XpK3mDJa.net
    すみません訂正でした。
    読んでいただきありがとうございます。

     

    32: 名無しで叶える物語 2017/10/05(木) 09:51:38.04 ID:Xn9xvmLm.net
    乙乙
    すげえ良かった

     

    34: 名無しで叶える物語 2017/10/05(木) 11:24:25.29 ID:0Vxi6OAA.net
    これは良いものだ

     

    35: 名無しで叶える物語 2017/10/05(木) 12:17:17.53 ID:1wcAAtlR.net
    おぉぉぉ、これはイイ
    イイものだ

     

    33: 名無しで叶える物語 2017/10/05(木) 10:12:46.34 ID:L7lyfqHz.net
    |c||^.- ^|| 最高ですわ

     

     

     

  • 注目記事

  • コメント

    ※誹謗中傷や荒らし行為など、他の閲覧者様が不愉快になる内容のコメントは非表示及びコメント禁止とさせていただく場合があります。ご了承ください。