• 【ラブライブ!サンシャイン!!】 曜「千歌ちゃんなんか…大っ嫌いだよ!」

  • 注目記事

  • 1: 名無しで叶える物語 2017/05/08(月) 20:38:41.11ID:LkdSNZ1p.net
    何があったのか

    2: 名無しで叶える物語 2017/05/08(月) 20:39:58.52ID:RYJ5l0U1.net
    コスプレを馬鹿にされた

     

    3: 名無しで叶える物語 2017/05/08(月) 20:41:17.76ID:4UHnGNSs.net

    過去の劣等感が爆発して
    「曜ちゃんとなんか幼馴染みじゃなかったらよかったのに!」

    「ぁ…」

    「ち…違うの…今のは」

    「…かちゃ…て」

    「千歌ちゃんなんか…大っ嫌い!!」

    みたいなね

     

    4: 名無しで叶える物語 2017/05/08(月) 20:41:52.20ID:y3nP0fJt.net
    早く書けよ

     

    8: 名無しで叶える物語 2017/05/08(月) 21:03:42.82ID:4UHnGNSs.net

    果南「ちょっと千歌…!」

    千歌「ぁ…違うの…待って…」

    千歌「曜ちゃん…」

    果南「曜!!待ってよ!!」

    曜「…」スタスタ

    果南「曜!」

    千歌「わ、わた…私…!ついカッとなって…違うの…ほんとはこんなこと…」

    果南「千歌、落ち着いて。大丈夫、分かってるから」ギュッ

    千歌「よ、ようちゃ…」ポロポロ

    果南「大丈夫…大丈夫だからね…」ナデナデ

     

    11: 名無しで叶える物語 2017/05/08(月) 21:05:53.81ID:pX8r1Cpc.net
    これは期待

     

    13: 名無しで叶える物語 2017/05/08(月) 21:17:16.64ID:f2Y0joxD.net
    仲直りレズセはよ
    no title

     

     

     

    14: やわ銀ふぁっく 2017/05/08(月) 21:19:34.18ID:4UHnGNSs.net

    曜「………」

    曜「………」ポロポロ

    曜「なんでなの…千歌ちゃん…」ポロポロ

    曜「…ぅ…グスッ…」

    ドンッ

    「きゃっ!」

    曜「ぁ…ごめんなさい…」

    ルビィ「いたた…あれ、曜さん?」

    曜「る、ルビィちゃん…」フイッ

    ルビィ「…?どうしてこっち向いてくれないんですか?」

     

    15: 名無しで叶える物語 2017/05/08(月) 21:21:56.34ID:FiSQEJq2.net
    いいぞ
    1001: 以下ことりぷらすの関連記事をお送りします。2099/01/01(日) 00:00:00.00 ID:kotori-plus.com


     

    16: 名無しで叶える物語 2017/05/08(月) 21:22:05.14ID:D/Vl4ccv.net
    期待するぞ

     

    17: 名無しで叶える物語 2017/05/08(月) 21:28:04.84ID:4UHnGNSs.net

    曜「な、なんでもないよ…ごめん。急いでるからまた…」

    ルビィ「待ってください」

    曜「な、何かな…」

    ルビィ「こっち向いてくれませんか?」

    曜「そ、それは…」

    ルビィ「…そうですか。それじゃあ」

    ギュッ

    曜(え…手握られてる…?)

    ルビィ「曜さん、何かあったんですよね?…手、震えてますよ」

    曜「ぁ…」ポロポロ

    ルビィ「ルビィじゃ頼りないかもしれないけど…」ギュッ

    ルビィ「力になりたいです」

    曜「ぅ…ぁ…るびぃち゛ゃん…」

    ダキッ

    曜「るびぃちゃん…ルビィちゃん…私…わたしぃ…」ボロボロ

    ルビィ「…」ナデナデ

    曜「うわああぁぁぁぁあああん!千歌ちゃんがあぁああ!ちか゛ちゃんがあああぁぁ…」

    ルビィ ナデナデ…

     

    18: 名無しで叶える物語 2017/05/08(月) 21:32:53.11ID:LkdSNZ1p.net
    |c||^.-^||

     

    19: 名無しで叶える物語 2017/05/08(月) 21:35:18.26ID:4UHnGNSs.net

    in 黒澤家

    ダイヤ「どういうことですの…」

    ルビィ「あ、あははは…」

    曜「ぐすっ…」

    ルビィ「終バス逃しちゃって…今日泊まっても大丈夫かな?」

    ダイヤ「今日ですか?…お母様に聞いてきますから、上がって待っててください」

    ルビィ「はーい、ありがとお姉ちゃん」

    ダイヤ「これぐらい別に構いません、後で話聞かせてくださいね?」

    曜「はぃ…グスッ」

    ルビィ「それじゃあ曜さん、いらっしゃい!こっちの部屋だよ」

    曜「…うん」

    曜「お邪魔します…」

     

    20: 名無しで叶える物語 2017/05/08(月) 21:36:11.04ID:f2Y0joxD.net
    |c||^.-^||おほー

     

    21: 何があって喧嘩してんのこれ?誰か案プリーズ 2017/05/08(月) 21:41:33.22ID:4UHnGNSs.net

    ルビィ「はい、粗茶ですが」

    曜「ありがと…」

    曜(急に恥ずかしくなってきた…私ルビィちゃんにあんな…)

    ダイヤ「大丈夫だそうですよ。曜さんご飯は食べましたか?」

    曜「いや…まだです」

    ダイヤ「そうですか、それじゃあ用意してもらうよう伝えてきますね」

    曜「すいません…急に泊まっちゃって」

    ダイヤ「別に構いませんわ。それに泣いてる曜さんをそのまま帰すわけにも行きませんし」

    曜「あ、あはは…」

    ダイヤ「ルビィ、客間の方に案内してもらってもいいかしら?」

    ルビィ「了解!お姉ちゃん!」

    no title

     

     

     

    23: 名無しで叶える物語 2017/05/08(月) 21:49:47.10ID:4UHnGNSs.net

    ルビィ「ここだよ」

    曜「ほえー…広い…」

    ルビィ「ちょっと待ってね、布団出すから」

    曜「いいよいいよ。自分でやるから!」

    ルビィ「ダメです!お客さんにこんなことさせられません!」

    曜「お客さんって…」

    ブーブー

    曜「…」

    スッ

    果南『曜、もう帰っちゃった?』

    果南『あのね、今日のことn』

    スッ

    曜「…」

    ルビィ「…返さなくていいんですか?」

    曜「…うん、今はちょっと」

    ルビィ「分かりました…それじゃあ、ご飯できる前にお風呂入ります?」

    曜「先に頂いちゃっていいのかな?」

    ルビィ「大丈夫です!あ、服とかあります?用意してきますね!」

    タッタッタッ

    「ルビィ!家の中走らないで!」

    「ごめんごめーん」

     

    24: 名無しで叶える物語 2017/05/08(月) 21:50:52.15ID:Cpw00FJg.net
    曜ちゃんがなんやかんやで遠くに引っ越す事が決まり必然的に千歌とお別れすることになった。それを話したらなんやかんやで喧嘩みたいな

     

    26: 内容をくれ。なんだよ劣等感って… 2017/05/08(月) 21:56:23.09ID:4UHnGNSs.net

    >>24
    それありやな

    (こんな別れを経験するくらいなら)曜ちゃんと幼馴染じゃなかったらよかった!
    みたいなのいけるな

     

    27: 名無しで叶える物語 2017/05/08(月) 22:07:53.00ID:f2Y0joxD.net
    >>24
    |c||^.-^||ええやんか

     

    25: 内容をくれ。なんだよ劣等感って… 2017/05/08(月) 21:55:00.76ID:4UHnGNSs.net

    チャポン…

    曜「ふぅ…」

    曜「…」ボー

    曜「…はぁ」

    曜「千歌ちゃん…」ポロッ

    曜「ぐすっ…」

    ガラガラ

    ルビィ「お邪魔しまーす」

    曜「なっ…!ルビィちゃん!?」バシャッ

    ルビィ「いやぁ…1人じゃ寂しいかなーって思って来ちゃいました」

    ルビィ「ダメでしたか?」

    曜「いや…ううん、ありがと」

    ルビィ「よかったです」

    チャポン…

    ルビィ「ふぅ…」

    ルビィ「あったかいですね…」

    曜「うん…」

     

    28: 名無しで叶える物語 2017/05/08(月) 22:26:49.23ID:4UHnGNSs.net

    ルビィ「何があったのか、教えてもらえますか?」

    曜「…うん」

    曜「あの…あのね…私…引っ越すことになったの」

    ルビィ「…ぇ」

    曜「お父さんの仕事の都合で…沼津を出ることになったの」

    ルビィ「う、嘘ですよね?そんな急になんて…」

    曜 フルフル

    ルビィ「よ、曜さん…」

    ガラガラ

    ダイヤ「私にも聞かせてくださいますか?そういう約束でしたよね」

    ルビィ「お、おねえちゃん…」ウルウル

    ダイヤ「ちょっと待っててください、身体流してしまいますので」

    曜「………」

     

    29: 名無しで叶える物語 2017/05/08(月) 22:58:38.47ID:4UHnGNSs.net

    チャポン…

    ダイヤ「…引っ越し、ですか」

    曜「…」

    ダイヤ「…私も思うところがあるのですが、まずは曜さんと千歌さんのことを聞かせてくださいますか?」

    曜「はい…」

    千歌「急にどうしたの?大事な用事だって」

    曜「千歌ちゃん…」

    果南「ごめんごめん、おまたせ~」

    曜「果南ちゃん…」

    曜「2人とも来てくれてありがとう」

    果南「曜が大事な話って珍しいね、なにかなん?」

    千歌「んー、誕生日にはまだだよね?」

    曜「2人に話さないといけないことがあるんだ」

    曜「私、引っ越すことになったの」

    果南「…は?」

    果南「ちょ、ちょっと待って…どういうこと?」

    曜「お父さんの仕事の都合で…」

    果南「…嘘じゃないんだね」

    曜「うん」

    曜「2人には最初に話したくて。…大切な幼馴染だから」

    曜「ごめんね?びっくりさせちゃって」

     

    30: 名無しで叶える物語 2017/05/08(月) 23:22:55.01ID:WZxIH1m7.net
    いいぞ

     

    36: 名無しで叶える物語 2017/05/09(火) 01:14:15.11ID:E0ammg4e.net
    さりげなくルビィにバブってるのが好感持てる
    no title

     

     

     

    38: 名無しで叶える物語 2017/05/09(火) 13:35:32.55ID:Ck6o3a9H.net

    千歌「っ…ぁ、明日も…朝から練習あるし、早く帰ろうよ」

    千歌「これからも…みんなで一緒に…頑張って…ラブライブ!を目指して…」

    曜「ち…かちゃ…」

    千歌「そ、そうだ!今度また合宿しようよ!えへへ…次は…いつがいいかなぁ?」

    果南「…千歌」

    千歌「鞠莉ちゃんに相談して別荘とか借りられ「千歌ちゃん!!」っ…」

    曜「…お願い、私の目を見て」

    千歌「………」

    曜「お願い…」

    クルッ

    千歌 ボロボロ

    曜「千歌ちゃん…」

    ギュッ

    千歌「ぃゃ…やめて………!」

    バッ

    曜「ッ!」

    千歌「嘘だ…嘘だよね…?なんで…こんな…嘘だよ…」

    千歌「いや…いや…!な、なに…分かんないよ…ずっと一緒だって…今までだって…!」

    曜「千歌ちゃん…」スッ

    バシッ

    千歌「触らないで!!」

    千歌「嘘だって言ってよ…冗談だって…そう言ってよ…」

    曜「………」

    千歌「な…んで…なんで何も言ってくれないの!!」

    千歌「こ、こんな…」

    ギリッ

    千歌(こんな想いをするくらいなら…!)

    千歌「曜ちゃんとなんか幼馴染じゃ無ければよかったのに!」

     

    39: 名無しで叶える物語 2017/05/09(火) 13:40:50.95ID:Ck6o3a9H.net

    曜 ポロポロ…

    曜「千歌ちゃん…泣いてた…」

    曜「私、カッとなって…大嫌いって言っちゃった…」

    曜「どうしよう…」

    ギュッ

    ダイヤ「話してくれてありがとうございます…頑張りましたね」

    ルビィ「曜さん…」ウルウル

    ギュッ

    曜「ぅ…ぅぇえぇ…ダイヤさ゛ん…ルビィち゛ゃん…」ボロボロ

    曜「うぅ…ぐすっ…千歌ちゃん…」

    ダイヤ「…」ナデナデ

     

    40: 名無しで叶える物語 2017/05/09(火) 13:55:07.84ID:Ck6o3a9H.net

    パタパタ…

    ルビィ「ぅ~…」グデー

    ダイヤ「ちょっとのぼせてしまいましたね」

    曜「なんかすいません…私のせいで」

    ダイヤ「構いませんわ、そんなに気を使わないで」

    曜「…ありがとうございます」

    ルビィ「うぅ…お姉ちゃん…」

    ダイヤ「ほら、しゃんとしなさい。ごはん出来てますよ」

    ルビィ「ごはん!」ガバッ

    ダイヤ「もう…現金なんだから」

    ダイヤ「曜さん、食欲はありますか?」

    曜 グゥ~

    曜「ぁ…///」

    ダイヤ「…大丈夫みたいですね」クスッ

    ダイヤ「ほら、行きましょ。ルビィ!いつまで寝てるの!行くわよ!」

    ルビィ「はーい」

    ダイヤ「まったく…」

    曜「なんか…ダイヤさん雰囲気違う…」

    ルビィ「んー…うちじゃあんな感じだよ?曜さんがいるのに素になってるのは珍しいとは思いますけど…」

    ダイヤ「?何ジロジロ見てるの?」

    ルビィ「なんでもないよ!」

    曜「ほえー…新発見だ…」

     

    41: 名無しで叶える物語 2017/05/09(火) 14:03:51.29ID:Ck6o3a9H.net

    カチャン

    「「「ごちそうさまでした」」」

    黒澤母「お粗末様でした」

    ダイヤ「片付けますわ」

    黒澤母「今日はいいわよ、あとは自由になさい」

    ダイヤ「ですが稽古などは…」

    黒澤母「今日だけ特別よ。…大事なことがあるんでしょ?」

    ダイヤ「…ありがとうございます」

    ルビィ「ありがと、お母さん」

    黒澤母「ふふっ…曜さん、ゆっくりしていってね」

    曜「はい、ありがとうございます」

    ダイヤ「珍しいこともあるのね…」

    ルビィ「ほんとにね!フリーな日なんていつぶりだろうね」

    ダイヤ「母上に感謝しないといけないわね…」

    ダイヤ「曜さん、今から少しお話があります。…いいでしょうか?」

    曜「…うん、大丈夫だよ」

    ダイヤ「それでは客間に行きましょう」

     

    42: 名無しで叶える物語 2017/05/09(火) 16:32:32.61ID:xx2eH+Eh.net
    いいぞ
    続きあくあくあ

     

    49: 名無しで叶える物語 2017/05/11(木) 15:48:34.11ID:tD/ihYMq.net

    ダイヤ「単刀直入に聞きます。曜さん、あなたはどうしたいですか」

    曜「ど、どうって…」

    ダイヤ「お家の事があるのは分かります…ですが私は…曜さん自身がどうしたいのか…聞かせていただけませんか?」

    曜「………わたし」

    ポロッ

    曜「誰とも…離れたくない…」ポロポロ

    曜「Aqoursのみんなとも…お父さんお母さんとも…ずっと一緒にいたいよぉ…」

    曜「なんでぇ…こんなのって…ないよ…」

    ダイヤ「…そうですよね」

    ダイヤ「少しだけ考えさせて下さい」

    ルビィ「お姉ちゃん…」

    曜「ダイヤさんは…何を…」

    ルビィ「分からないけど…でも、安心して下さい」

    ルビィ「こういう時のお姉ちゃん、頼りになるから」ギュッ

    曜「…ありがとう、2人とも」

     

    50: 名無しで叶える物語 2017/05/11(木) 15:49:45.76ID:tD/ihYMq.net

    ダイヤ「曜さん」

    曜「は、はい」

    ダイヤ「私は、曜さんの願いを叶えてあげたい」

    ダイヤ「でも」

    ダイヤ「…やはり、どちらかを選択しないといけないでしょう」

    ダイヤ「Aqoursか、家族か」

    曜「…ッ」

    ダイヤ「………私は1人の人として、あなたは家族と進むべきだと思います」

    ダイヤ「きっとそれが曜さんの為であり、曜さんを最も愛してくれる家族の為だと、思います」

    曜「…そう…ですよね」

    曜「やっぱり私…」

    ダイヤ「頭の中では」

    曜「…?」

    ダイヤ「…これから語るのは、Aqoursの黒澤ダイヤとしての想いです」

    ダイヤ「………行かないで下さい」

    曜「ぁ…」

    ダイヤ「離れたくない。まだやり残した事ばかりじゃないですか。私は仲間として、友として、あなたにこれからもAqoursに、ここにいて欲しい」

    曜「ダイヤ…さん…」ポロポロ

    ダイヤ「未熟でわがままな願いなのは十分に承知しています。その上で、曜さんがここにいるための提案をさせて欲しい」

    ダイヤ「生活の支援も、家族と会うためのサポートも全てさせて頂きます」

    ダイヤ「必ず、曜さんがここにいられるようにしてみせます」

    ダイヤ「曜さんーーーAqoursを選んで下さい」

    ルビィ「お姉ちゃん…!」

    ダイヤ「…もちろん、選ぶのは曜さんです」

    ダイヤ「…どうされますか」

    曜「………私は」

    ①Aqoursに残る

    ②家族と共に行く

    安価下2

     

    51: 名無しで叶える物語 2017/05/11(木) 16:03:23.75ID:8vVR7TEN.net
    2

     

    52: 名無しで叶える物語 2017/05/11(木) 16:15:43.09ID:4adfH+XF.net
    2

     

    53: 名無しで叶える物語 2017/05/11(木) 16:28:38.90ID:1Fghtzpv.net
    お前ら……
    no title

     

     

     

    54: 名無しで叶える物語 2017/05/11(木) 17:25:32.44ID:KvNroIur.net


    曜「………ダイヤさん、ごめんなさい。私は、家族といきます」

    ダイヤ「…そう、ですか」

    曜「お父さんもお母さんも、ずっと私を育ててくれて、まだ何も返せてないし、1人娘の私がいなかったら、2人とも悲しんじゃうと思うから…」

    曜「それにダイヤさんの言ってくれた言葉、凄い嬉しいです。こんなにも必要としてくれてるんだって、大好きでいてくれてるんだって…」

    曜「…だからきっと離れ離れになっても、大丈夫ですよね。想いは変わらないですよね、私がみんなを大好きな想いも、みんなが私のことを大切に想ってくれることも」

    曜「いつまでだって、大切な仲間だって、胸を張って言えますよね」

    曜「…だから、ごめんなさい。私は家族といきます」

    ダイヤ「わかり…ました…」

    ダイヤ「ごめんなさい…少しだけ、ハグしてもらえませんか」

    曜「…はい」

    ギュッ

    ダイヤ「…っ………ぅう…曜さん…」プルプル

    曜「………」ギュウ…

    ダイヤ ボロボロ

     

    55: 名無しで叶える物語 2017/05/11(木) 17:26:22.10ID:KvNroIur.net

    ダイヤ「すいません、みっともないところを見せてしまって」

    曜「嬉しかったですよ、私の為に泣いてくれるんだって」

    ダイヤ「…みんなには内緒にしてて下さいね?」

    ルビィ「…そろそろいい?とりあえず曜ちゃんと千歌ちゃんの仲直りの方法を考えようよ」

    ダイヤ「そうですね、切り替えましょう」

    ルビィ「曜さん、そろそろケータイ見てもいいんじゃないんですか?」

    曜「うっ…」

    ルビィ「いつまでも逃げてちゃダメです!早くケータイ見てください!」

    曜「う…はい」

    スッ…スッ…

    曜「Oh…」

    果南 着信履歴78件
    ライン通知 687件

    ルビィ「どうですか…?うわっ…」

    曜「絶対怒ってるよこれ…」

    ドウシヨウカ…
    ヘンジスルシカナイデスヨ…
    エェ…

     

    56: 名無しで叶える物語 2017/05/11(木) 17:26:39.86ID:KvNroIur.net

    ダイヤ「…」

    ダイヤ(曜さんが離れてしまったらAqoursは…また2年前と同じ…)

    ダイヤ「…ごめんなさい」

    ダイヤ(果南さん、鞠莉さんごめんなさい、私…)

    トリアエズオリカエシテミル…
    ヨウサン、ガンバルビィデス

    ダイヤ(…でもこれは曜さんの決めた事です。家族を想う気持ちを、止めることなんて許されませんよね)

    prrr …

    ガチャッ

    曜「あ、もs「曜!!!!」

    ルビィ「ひぃ!」

    曜 キーーン

    果南「今どこなの!?連絡つかないし家にも帰ってないって言うから…!無事なんだよね!?」

    曜「果南ちゃん、落ち着いて…今ダイヤさんの家にいるから大丈夫だよ」

    果南「ダイヤの家?よかった…ちょっと待ってね、すぐ行くから」

    曜「え!?いやいや、来なくても大丈夫だよ」

    果南「嫌。すぐ行くから」

    プツッ ツーツー

    曜「…果南ちゃんが来るって」

     

    57: 名無しで叶える物語 2017/05/11(木) 18:54:32.69ID:LnXZUbfu.net
    よきかな

     

    58: 名無しで叶える物語 2017/05/11(木) 22:55:33.33ID:tnl+Hvs8.net
    頑張れ~

     

    65: 名無しで叶える物語 2017/05/13(土) 21:03:37.38ID:fOf5+bSu.net

    曜「…」正座

    果南「…」仁王立ち

    ルビィ「お、お姉ちゃん…」

    ダイヤ「流石に怒ってる果南さんをどうにかするのは嫌よ?こっちに飛び火するじゃない」

    果南「…曜」

    曜「はい…」

    果南「時間はあとどれくらいあるの」

    曜「え?」

    果南「だから!…お別れまでに、残されてる時間はどれくらいなの?」

    曜「たぶん…一ヶ月くらいだと思う」

    果南「あんまり時間ないんだね…」

    曜「果南ちゃん、私…」

    果南「千歌は今家にいるよ。梨子ちゃんに着いて貰ってる」

    曜「梨子ちゃんは…私のこと知ってるの?」

    果南「ううん、知らない。だから、ちゃんと話してあげて」

    果南「みんなとちゃんと、話さなきゃ」

    曜「…うん」

     

    66: 名無しで叶える物語 2017/05/13(土) 21:04:41.39ID:fOf5+bSu.net

    果南「でもまずは、千歌のことなんとかしてあげて欲しいな」

    曜「でも私…」

    果南「千歌のこと、信じてあげて。これまでに千歌と積み重ねた時間を信じてあげて。曜じゃなきゃダメなんだよ」

    果南「大丈夫、曜はいつだって千歌のヒーローなんだから」

    曜「果南ちゃん…」

    果南「ほら、いつまでもウジウジしてるのはらしくないぞ」グイッ

    果南「行ってらっしゃい」

    曜「…うん!」

    曜「ダイヤさん、ルビィちゃん、ちょっと千歌ちゃんの所に行ってきます」

    ダイヤ「分かりました。気をつけて」

    ルビィ「曜さん、頑張って下さい!」

    曜「ありがとうございます、行ってきます!」

    タッタッタッ…

    果南「ふぅ…」

    ダイヤ「よく気丈に振る舞いましたね」

    果南「幼馴染みの為だからね」

    ダイヤ「えらいえらい」ナデナデ

    果南「ちょっとー?子ども扱いしないでよ。ダイヤの癖に」

    ルビィ「ルビィもしたいです」ナデナデ

    果南「…2人とも何なのさー」プクゥ…

    no title

     

     

     

    67: 名無しで叶える物語 2017/05/13(土) 21:23:00.00ID:fOf5+bSu.net

    十千万

    ガラガラ

    曜「はぁ…はぁ…千歌ちゃん…」

    梨子「あ…曜ちゃん…」

    曜「梨子ちゃん…!」

    梨子「千歌ちゃんは部屋で寝てるわ。泣き疲れちゃったみたい」

    梨子「ねえ、何があったの?」

    曜「…私、引っ越すことになったの。それで、その事を千歌ちゃんに伝えたら…」

    梨子「え?…ほんと?よ、曜ちゃんが引っ越し…?」

    梨子「で、でも…浦の星にはいるのよね?」

    曜「ううん…引っ越したら浦の星にも、Aqoursにもいられなくなる」

    梨子「う…そ…」

    曜「ごめんね?急にこんなことになっちゃって」

    梨子「そんな…うそ…」

    曜「梨子ちゃん…大丈夫?」

    梨子「ぁ…うん…ごめん…」

    梨子「急なことで…びっくりして………ちょっと整理出来ないから…少し1人にして貰っていい?」

    曜「あ、うん…分かった」

    梨子「ごめんね…千歌ちゃんのこと、お願い」

    曜「うん」

    梨子「じゃあ、また明日…」

    曜「また、明日…」

    ガラガラ…

    曜「ごめんね、梨子ちゃん」

     

    68: 名無しで叶える物語 2017/05/13(土) 21:38:59.75ID:fOf5+bSu.net

    コンコン

    曜「…千歌ちゃん、入るね」

    スー…

    千歌 スゥ…スゥ…

    曜「…目、腫れてる」

    曜「ごめんね、千歌ちゃん」

    千歌 スゥ…スゥ…

    ギュッ

    曜「千歌ちゃんの手、ちっちゃいな…」

    曜「…ふと気づくと重なり合うよ」

    曜「一途に未来を呼ぶ心」

    曜「震えてる手を握って行くんだよ」

    ~~~

    曜「想いは1つだよと」

    千歌(ん………この声…大好きな声…)

    曜「違う場所へ向かうとしても」

    千歌(曜ちゃん…私たちの歌…)

    曜「信じてる」

    ギュッ

    曜「…千歌ちゃん」

    千歌「曜…ちゃん…?」

    曜「…うん、私だよ」

    千歌「曜ちゃん…!」

    ガバッ

    曜「おっとっと」

    千歌「ごめん…私…ごめん…!」ギューッ

    曜「大丈夫、だいじょーぶ」ナデナデ

     

    69: 名無しで叶える物語 2017/05/14(日) 02:11:34.71ID:+5W8Eup0.net

    曜「落ち着いた?」

    千歌「…うん」

    曜「私とこれからのこと、ちゃんと話せる?」

    千歌「うん、頑張るよ」

    曜「聞いてもらっていい?」

    曜「私さっきまでダイヤさんの家にいたの」

    曜「泣いてる私をルビィちゃんが心配してね、2人が色々と話聞いてくれたんだ」

    曜「引っ越すことも話したの」

    曜「そしたらなんて言ったと思う?」

    曜「…行かないでって、Aqoursを選んでって」

    曜「あのダイヤさんがそう言ってくれたんだよ」

    曜「…びっくりするよね」

    曜「私がここにいられるようにどんなことでもしてくれるって、きっとダイヤさんならやってくれたと思う。綱元の娘として、親の協力を得る為に尽くしてくれるだろうし、鞠莉ちゃんにも協力して貰おうとすると思う」

    曜「すっごい嬉しかったんだ。こんなにも私の為に手を貸してくれるってことが、私のことを友達だって、仲間だってそう言ってくれることが」

    千歌「だったら…!」

    曜「うん、そうだよ。私はここに残るっていう選択肢を選べたんだ」

    曜「でも、私は家族と行くことを選んだの」

     

    70: 名無しで叶える物語 2017/05/14(日) 02:31:54.21ID:+5W8Eup0.net

    曜「私ね、Aqoursのみんなのことが大好き。みんなのためなら、どんなことだって出来ちゃう気がするの」

    曜「でもね、それと同じくらい家族のことも大好きなの。これまでずっと育ててきてくれて、いつもお弁当作ってくれて、そんなに裕福じゃないのに欲しいものだって買ってくれて、ずっとずっと私のこと愛してくれて」

    曜「まだ何にもしてあげられてないの」

    曜「それなのに、私がわがままでここに残るって言っちゃったら、きっと悲しむと思うから」

    曜「どちらかしか選べないなら、私は家族を選びたい。私の唯一の家族だから、大切にしたいの」

    曜「だから、ごめんね」

     

    71: 名無しで叶える物語 2017/05/14(日) 14:10:42.33ID:cKaKxO4+.net
    いい話だ

     

    76: 名無しで叶える物語 2017/05/16(火) 10:52:49.65ID:jtJr5uuP.net

    千歌「よう…ちゃん…」

    曜「…千歌ちゃん、おいで」

    千歌「…うん」

    モギュ

    千歌「曜ちゃん…曜ちゃん…!」ギュウウウ…

    曜「ありがとね…今まで一緒にいてくれて、本当にありがとう。千歌ちゃんと幼馴染でよかった」

    千歌「私も…!曜ちゃんと幼馴染でよかったよ…!さっきはついあんなこと言っちゃったけど、曜ちゃんのこと大好きだから!」ポロポロ

    曜「えへへ…よかった…私も千歌ちゃんのこと大好きだよ」

    千歌「うん…!」ギュウウゥゥ

    曜「ち、千歌ちゃんちょっと痛いよ」

    千歌「…痛くしてるのだ」

    曜「えぇ…」

    千歌「………」

    曜「??千歌ちゃ…んむっ!?」

    千歌「ん…ちゅっ…ぁ…ぷはぁっ」

    曜「な…ななな…///」

    千歌「…曜ちゃん」

    曜「ひゃい///!」

    スルッ パサ…

    千歌「私のこと、抱いて欲しい」

    曜「千歌ちゃん!?」

    千歌「お願い、曜ちゃんのこと強く私に刻み込んで欲しいの」

    曜「…意味わかって言ってる?」

    千歌「うん、私の初めては曜ちゃんがいい、曜ちゃんじゃなきゃ嫌」

    千歌「お願いします…抱いて下さい」

    曜「………ん、わかった」

    曜「千歌ちゃん、愛してるよ」

    チュッ…

     

    77: 名無しで叶える物語 2017/05/16(火) 12:43:04.02ID:jtJr5uuP.net

    曜「ん…ちゅっ…はぁ…♡」

    千歌「んぶっ…ようちゃ…♡ちゅっ…ようちゃん…♡」

    曜「千歌ちゃん…♡ん…ぁ…♡」

    千歌「ちゅっ…♡よーちゃん、脱がすね」

    曜「うん///」

    スルスル パサッ

    千歌「きれい…」

    曜「あんまりジロジロ見ないでよ///」

    千歌「あ、ごめん」

    曜「千歌ちゃん、ブラ外すね」

    千歌「うん…///」

    パチッ ボロン

    曜「下も脱がしちゃっていい?」

    千歌「ぅ…///聞かないでいいからぁ!」

    曜「ご、ごめん…ちゅっ…♡脱がすね」

    千歌 コクッ

    スルスル ネバァ…

    曜「千歌ちゃん…凄い♡」

    千歌「~~~~///」

    曜「ちょっと待ってね…」

     

    84: 名無しで叶える物語 2017/05/16(火) 14:54:18.83ID:HVzysvMi.net
    !?

     

    83: 名無しで叶える物語 2017/05/16(火) 14:21:10.07ID:B74KDkHW.net
    まさかの展開

     

    85: 名無しで叶える物語 2017/05/16(火) 15:45:43.98ID:jtJr5uuP.net

    千歌「いたたた…いやぁ…無理はするものじゃないですなぁ…たはは…」

    曜「こんなに血が…びょ、病院いかなきゃ…」

    千歌「大丈夫だよ…ちゅっ♡」

    曜「千歌ちゃん…」

    千歌「ちょっと疲れちゃった…抱きしめて欲しいな」

    曜「分かった…ちょっと待ってね…果南ちゃんに連絡するから」

    prrr …

    果南「もしもし?」

    曜「果南ちゃん、今日千歌ちゃん家に泊まるから悪いんだけどダイヤさんたちに伝えてほしいなーって」

    果南「ん、了解。仲直りできた?」

    曜「いやぁ…まあ…」

    千歌「やっほー果南ちゃーん」

    果南「ん?千歌?喉枯れてない?」

    千歌「さっきまでよーちゃんとえ「大丈夫だから!」

    曜「じゃ、ごめんけどよろしく!」

    プツッ

    果南「えぇ…?」

     

    91: 名無しで叶える物語 2017/05/18(木) 14:12:44.22ID:eF8g/zJb.net
    流れは良いんだ、あとは完結させるだけやないか
    1001: 以下ことりぷらすの関連記事をお送りします。2099/01/01(日) 00:00:00.00 ID:kotori-plus.com


     

    99: 名無しで叶える物語 2017/05/20(土) 03:05:04.59ID:dNX/hkQl.net

    曜「ふぅ…ちょっと千歌ちゃん!」

    千歌「ふっふっふ…よーちゃん焦ってかーわいー♡」

    曜「もう!」

    千歌「でも千歌嬉しかったよ?よーちゃんに抱いてもらえて」

    曜「…あんなので本当によかったの?もっと優しくしてあげたほうが…」

    千歌「ううん、私はあれがよかったの…よーちゃんのこと忘れたくないから、絶対に忘れられないように、あれでよかったんだよ」

    千歌「だから、ありがとう」

    曜「…どういたしまして」

    千歌「そんな暗い顔しないでよ!分かってるから…よーちゃんが私のこと、そういう意味で好きじゃないってこと」

    曜「っ!」

    千歌「よーちゃんは私のこと家族みたいに好きなんだよね?」

    曜「千歌ちゃん、私…」

    千歌「ううん、私嬉しいんだよ?ずっとずっと大好きだった、憧れだった、私のヒーロー…普通の私に手を差し伸べてくれる、引っ張ってくれる、いつだって助けてくれる、名前を呼んでくれる…そんなよーちゃんを好きにならない訳ないよ」

    千歌「大好きな人とキスをして、初めてを奪われて、愛してると言われて、嬉しくないわけがないじゃん」

    曜「でも…千歌ちゃんは…千歌ちゃんはそれでいいの!?」

    千歌「いいの。よーちゃんの愛してると私の愛してるは同じ言葉だけど、違う意味…でも、よーちゃんの愛はいーっぱい伝わったから、こんなズルい私のお願いをちゃんと叶えてくれたから」

    千歌「私は十分に、愛をもらいました」

    千歌「満足だよ」

     

    100: 名無しで叶える物語 2017/05/20(土) 03:06:02.83ID:dNX/hkQl.net

    曜「…本当はここで、千歌ちゃんの事を愛してるって言って抱きしめてあげれたらいいんだけどね」

    曜「千歌ちゃん、私がいなくても大丈夫?」

    千歌「分かんない、でも今はひとりじゃないから」

    曜「頑張れる?」

    千歌「頑張るよ!頑張って頑張って…よーちゃんの所まで私たちの活躍を届けてみせる!」

    曜「…寂しくない?」

    千歌「寂しくない!…ていうと嘘になっちゃうかも。でも寂しくなったら、よーちゃんに電話する!よーちゃんの声を聞けたらきっと寂しさも吹き飛ぶよ!」

    曜「…分かった」

    曜「待っててね、いつになるか分かんないけどきっとここに戻ってくるから」

    千歌「…うん、待ってる。帰ってきた時には、成長した私の魅力でよーちゃんをメロメロにしてあげるのだ」

    曜「うん、楽しみにしてる」

    曜「頑張って、応援してるから」

    千歌「うん!」

    千歌「ふわぁ…」

    曜「ふふっ…もう寝よっか」

    千歌「…よーちゃんぎゅーってしてくれる?」

    曜「了解であります!」

    ぎゅっ…

    千歌「ん…あったかい…」

    曜「…頑張って」ナデナデ

    千歌「…うん」ギュ…

    ーーーーー
    ーーー

     

    101: 名無しで叶える物語 2017/05/20(土) 06:34:46.40ID:bSvWUJBZ.net

    チュンチュンチュン…

    千歌「…んぅ……」

    曜 カリカリカリ…

    千歌「…?…よーちゃん?」

    曜「あ、おはヨーソロー!よく眠れた?」

    千歌「うん…何書いてるの?」

    曜「ん?あーこれ?衣装の案!私の持ってるイメージを残しておこうと思って…」

    千歌「うわぁ…!すごい数…それにこんなに一杯メモが…」

    曜「私がいなくても、しばらくは衣装に困らないようにね」

    千歌「本当に!?ありがと!」

    曜「どういたしまして!さてさて、全部書ききっちゃうぞ~今日はAqoursのみんなに事情も説明しないといけないから、忙しくなるね!」

    千歌「曜ちゃん」

    曜「んー?」カリカリカリ

    千歌「少しくっついててもいい?」

    曜「うん、いいよ…おいで」

    千歌「ん…」ピトッ

    曜「私がいる間は、甘えてていいからね」

    千歌「…ありがと」

    曜「お安い御用だよ」カリカリカリ…

     

    102: 名無しで叶える物語 2017/05/20(土) 07:01:49.50ID:bSvWUJBZ.net

    曜「…」カリカリカリ

    曜「ふぅ…」

    曜「とりあえずこれくらいで…」

    千歌「スピー…zzz」

    曜「ほらー起きて千歌ちゃん!朝練遅刻するよ!」

    千歌「ん………おはようのちゅー…」

    曜「えー…もう…」

    ちゅっ

    曜「ほら!起きて!顔洗ってきて!」

    千歌「…///…うん」

    ドタドタ…

    曜「甘えたさんなんだから…」

    曜「…みんなになんて言おっかな」

    曜「はぁ…」

    「行ってきまーす!」

    千歌「引っ越しのこと誰に話したの?」

    曜「千歌ちゃんと果南ちゃん、ルビィちゃんとダイヤさん…だけかな?」

    曜「梨子ちゃんにも少し話したけど、ちゃんと話しできてないや」

    千歌「じゃああとは花丸ちゃん、善子ちゃん、鞠莉ちゃんと梨子ちゃんかぁ」

    曜「うー…気が重い…」

    千歌「大丈夫だよ!私達もいるし、頑張って!」

    曜「ヨーソロー…」

     

    103: 名無しで叶える物語 2017/05/20(土) 07:03:38.84ID:bSvWUJBZ.net

    梨子「おはよう」

    千歌「おはよ~梨子ちゃん!」

    曜「お、おはヨーソロー!」

    「………」

    曜「り、梨子ちゃん…その…」

    梨子「昨晩はお楽しみでしたね」

    曜「…へ?」

    梨子「声、丸聞こえだったよ?私の部屋と隣だし、全部聞こえてた」

    千歌「~~~///」ボンッ

    曜「う、うそぉ…///」

    梨子「中々凄かったよ。『千歌ちゃん、凄いことになってるよ』『や、やだ…見せな「「わーーーーーー!!」」

    曜「りりり、梨子ちゃんのばか!あほ!へ、変態!レズ!」

    千歌「聞かれてたぁ…死ぬぅ…」

    梨子「聞こえてきたんだからしょうがないでしょ!」

    梨子「私だって聞くつもり無かったんだよ!?」

    梨子「分かる!?曜ちゃんに引っ越すって言われて、ただでさえ頭の中ぐちゃぐちゃなのに隣から曜ちゃんと千歌ちゃんの嬌声が聞こえてくるんだよ!?私にどうしろって言うの!?」

    曜「な、なんかごめん…」

    梨子「…曜ちゃんたちは悪くないよ、私もごめんね」

    千歌「うん…」

    曜千歌梨子「………はぁ」トボトボ

     

    111: 名無しで叶える物語 2017/05/22(月) 02:20:56.25ID:K7Jkncp2.net

    千歌「みんな集まったね」

    千歌「今日は朝練は中止!大事な話があります」

    花丸「ずら?」

    鞠莉「What?どうしたのかしら」

    千歌「曜ちゃん」

    曜「うん…あのね!」

    曜「私、引っ越すことになったの」

    善子「……え?」

    鞠莉「……そんな話聞いてないけど」

    曜「うん…まだちゃんと学校に話してないの、ごめんね鞠莉ちゃん」

    花丸「…何でみんな落ち着いてるの?みんなは、知ってたの?」

    千歌「ううん…私たちも昨日知ったばかりだよ」

    花丸「だったら何で…!」

    千歌「曜ちゃんと、ちゃんと話したから」

    ルビィ「うん、私たちだってビックリしたけど…ちゃんと話して曜さんの気持ちも聞いたから」

    ダイヤ「聞いてあげてください」

    曜「…仕事の都合で引っ越さないといけなくなったの。急にこんなこと伝えることになってごめん。3人のこと後回しにするつもりじゃなかったんだけど、昨日話してからバタバタしちゃって…」

    曜「私も迷ったんだ。一緒に行くか、残るか。もしかしたら、残る事も出来たのかも…ううん、ここに残ろうと思えばきっと残れるんだと思う」

    曜「…でも…ごめんなさい。私Aqoursのことが大好き。でもそれと同じくらい、家族のことも大好きなの。今まで受けてきたお礼もまだ出来てないし、きっと離れ離れになると悲しむと思う。私は家族のことを大切にしたい」

    曜「だから身勝手だと思うけど、私は両親と一緒に引っ越します」

    曜「Aqoursとは…お別れします」

     

    112: 名無しで叶える物語 2017/05/22(月) 02:22:16.16ID:K7Jkncp2.net

    善子「…そんなこと言われたら、何も言えないじゃない」

    曜「…ずるいよね、ごめんね」

    善子「…みんなは本当に納得してるの?本当にこれでいいの?」

    鞠莉「…曜が残るというなら私が全部何とかしてあげれるわよ?」

    花丸「………」

    千歌「…私は、曜ちゃんの決めた事を応援するよ。曜ちゃんの想いを大切にしたい」

    鞠莉「ちかっち自身がどう思ってるの?あなた自身の意見が聞きたいわ」

    千歌「…行って欲しくなかった」

    鞠莉「なら…」

    千歌「でも!…昨日話したの。ちゃんと想ってることを伝えたの。私だって大好きな人が、ずっとずっと大好きだった人がいなくなるのは嫌だよ?でもね、曜ちゃんにとって大切な人は、私達だけじゃないから。幼馴染でずっと側にいたから、知ってるから…」

    千歌「私は自分のわがままよりも、家族を想う曜ちゃんの気持ちを大事にしたいし、曜ちゃんが私たちのことを大好きだって気持ちを信じてる」

    千歌「だから大丈夫」

     

    113: 名無しで叶える物語 2017/05/22(月) 02:23:31.40ID:K7Jkncp2.net

    鞠莉「…そう、他のみんなはどうなの?」

    ダイヤ「私も曜さんの意見を尊重しますわ」

    鞠莉「…あの時と同じだとしても?」

    ダイヤ「同じではありませんわ」

    ダイヤ「相手のことを想って一方的に押し付けてしまったあの時とは違います。私たちは今こうやって想いをぶつけ合っているではないですか。…きっと大丈夫です。私は今の選択を信じています」

    ルビィ「…お姉ちゃん話しちゃえばいいのに、昨日のこと」

    善子「何のこと?」

    ルビィ「お姉ちゃん昨日、曜さんに残って欲しいってお願いしてたんだよ?お姉ちゃんだって、本音はきっと…」

    ダイヤ「ルビィ」

    ルビィ「…私だって残って欲しいって思ってた。でも、昨日の曜さんの言葉を聞いて、きっと大丈夫だって思ったんだ」

    ルビィ「…違う場所へ 向かうとしても 信じてる」

    ルビィ「…曜さんの気持ちに嘘はないと思うよ。だってあんなに泣いて、悩んで、苦しんでたもん」

    ルビィ「私は曜さんを信じてるよ」

    no title

     

     

     

    114: 名無しで叶える物語 2017/05/22(月) 02:24:38.16ID:K7Jkncp2.net

    果南「…曜」

    曜「果南ちゃん?」

    果南「私は曜のこと大切な家族だって思ってる」

    曜「うん、私もだよ」

    果南「…ずっとお別れってわけじゃないよね」

    曜「うん…必ず戻ってくる。いつになるか分からないけど、ここに戻ってくるよ」

    果南「…うん」

    果南「分かった!」

    果南「任せてよ、私はここで曜が帰ってくるの待ってるから!統廃合だって阻止してみせるし…何、ラブライブだって優勝しちゃうから」ポロ…

    曜「…果南ちゃん」

    ギュッ

    果南「…ハグしたいの?」ポロポロ

    曜「うん…ちょっとだけ…」ギュッ

    果南「…ぅ……」ポロポロ

    曜「ありがとう」ギュウゥ

    果南「……ぅ…うぅ……」ボロボロ

    曜「…」ギュー

    no title

     

     

     

    115: 名無しで叶える物語 2017/05/22(月) 02:25:20.81ID:K7Jkncp2.net

    果南「…///」

    曜「あはは…ごめんねみんな…」ナデナデ

    果南「恥ずかしい…」

    梨子「あの…曜ちゃん」

    曜「梨子ちゃん…」

    梨子「…私ね、こっちに来てから初めての友達が千歌ちゃんと曜ちゃんでよかった」

    曜「私も、梨子ちゃんと友達になれてよかった」

    梨子「正直ね、嫌なの。私は」

    曜「…うん」

    梨子「せっかく仲良くなれたのに、お別れなんて嫌だよ…」

    曜「ごめんね…」

    梨子「…わがまま言ってごめんね?でもこれが本音だから」

    曜「うん」

    梨子「…待っててね」

    曜「…?」

    梨子「必ず私の…私たちの曲を、曜ちゃんに届けるから」

    曜「!……うん!待ってる」

    梨子「…ん」スッ

    曜「…握手?」

    梨子「ん」

    曜「…ありがとう、梨子ちゃん」ギュッ

    梨子「…頑張って、元気でね」ギュッ

    no title

     

     

     

    116: 名無しで叶える物語 2017/05/22(月) 02:26:31.56ID:K7Jkncp2.net

    花丸「…急に言われてびっくりしたけど」

    花丸「まるは家族を大事にして欲しいずら」

    花丸「1番曜さんのことを大切にしてくれてる家族を、曜さんも大事にして欲しい」

    花丸「きっとね、どっちを選ぶのも間違って無いんだと思う」

    花丸「仲間をとっても、家族をとっても、それぞれ大切なものは同じだと思う、どっちの方が大事とかじゃなくて…」

    花丸「それに、1番辛いのは曜さん自身ずら」

    曜「花丸ちゃん…」

    花丸「まるたち頑張るから、曜さんに教えてもらったことちゃんとやって頑張るから…応援してて下さい」

    曜「うん、ありがとね」ギュッ

    花丸「こちらこそありがとう、ずら」ギュッ

    no title

     

     

     

    117: 名無しで叶える物語 2017/05/22(月) 02:27:38.64ID:K7Jkncp2.net

    善子「あーもう!これじゃわがまま言ったら悪役みたいじゃない!」

    曜「あはは…」

    善子「曜さん!」

    曜「は、はい!」

    善子「何でもっと早く言ってくれなかったのよ!」

    曜「いやぁ…言いにくかったというか…決まったのついこの間だし…」

    善子「話は前から出てたでしょ!帰り一緒なんだし相談くらいしてよ!」

    曜「ご、ごめんね…」

    善子「むぅー…」

    花丸「善子ちゃん、落ち着くずら」

    善子「落ち着いてるわよ!……ふぅ」

    善子「…」

    善子「曜さんの想いは大事なものだと思う、だから私は止めない」

    善子「…だから、見てなさい、リトルデーモン」

    善子 バサァ!

    善子「この堕天使ヨハネが…曜さんのところまで…活躍を…届けて…みせるから…!」

    曜「…ほんと、善子は善い子だね」

    曜「顔隠さないで………泣きたいなら泣いていいのに」

    善子 ポロポロ…

    善子「これは!ちがっ…」ポロポロ

    曜 ギュッ

    曜「一緒にはしゃいだり、話したり楽しかったよ」

    善子「…私も楽しかった」ポロポロ

    曜「…頑張ってね。待ってるから…善子ちゃんのリトルデーモンとして」

    善子「う゛ん…頑張る…」グスッ…グスッ…

    曜「よしよし…」ナデナデ

    no title

     

     

     

    120: 名無しで叶える物語 2017/05/22(月) 05:45:50.40ID:t2HMnIfd.net

    鞠莉「…はぁ」

    曜「鞠莉ちゃん…怒ってる?」

    鞠莉「…ちょっとだけ」

    曜「ごめんね?」

    鞠莉「いいのよ。私だって、曜の立場ならどうするか分からないから」

    曜「うん…」

    鞠莉「もう…そんなにしょげないの!自分で決めたんでしょ?家族と行くって。だったら胸を張りなさい」

    鞠莉「自分のためにも、残される私たちのためにも」

    曜「…うん!」

    鞠莉「よろしい。困ったことがあったらすぐに連絡するのよ?いつも1人で抱え込んじゃうんだから、すぐに言うこと。約束よ」

    曜「ありがと、鞠莉ちゃん」

    鞠莉「一週間連絡なかったらみんなで会いに行くから」

    曜「え!?」

    鞠莉「だからちゃんと私たちに連絡ちょうだい。心配になっちゃうわ」

    曜「うん、分かった!」

    no title

     

     

     

    121: 名無しで叶える物語 2017/05/22(月) 05:47:24.40ID:t2HMnIfd.net

    鞠莉「引っ越しはいつになるの?」

    曜「大体一ヶ月後くらいになるって聞いてるよ」

    鞠莉「あんまり時間ないわね…」

    鞠莉「ちかっち」

    千歌「ほえ?」

    鞠莉「…何か考えてることあるんでしょ?」

    千歌「あ…うん!よく分かったね、鞠莉ちゃん」

    鞠莉「ふふ…ちかっちの目が楽しいことをする時の目だったからね」

    曜「え?何々?」

    千歌「では…曜ちゃんがいる残り一ヶ月。時間はあんまり残ってないけど、私やりたいことがあるんだ」

    曜「やりたいこと?」

    千歌「ライブしようよ!」

    千歌「Aqoursが9人で歌う最後のライブ…どうかな?」

    鞠莉「面白そうね、私は賛成よ!」

    ダイヤ「また思いつきで…でも、いい案だと思いますわ」

    果南「いいよ!曜と一緒に踊れる最後の機会かもしれないし」

    梨子「1ヶ月…うん大丈夫!やろう!」

    善子「ふふ…腕がなるわ!」

    花丸「まるも頑張るずら!」

    ルビィ「精一杯頑張ります!」

    千歌「曜ちゃんは…?」

    曜「…うん!!やりたい!!!」

    千歌「…よかった」

    千歌「よし!じゃあ、これから計画を立てよう!みんな部室へ集合だーー!」

    「おーーーー!」

    ドタドタドタ…

     

    122: 名無しで叶える物語 2017/05/22(月) 05:50:38.34ID:t2HMnIfd.net

    鞠莉「…ダイヤ」

    ダイヤ「…なんですか、鞠莉さん」

    鞠莉「…実際の所、どうなの?」

    ダイヤ「………難しいと、思いますわ」

    ダイヤ「最近はAqoursの知名度が上がったとはいえ、曜さんはAqoursの要です。グループ内の人気も常に上位、衣装も曜さんのように良いものを簡単には作れないでしょう」

    鞠莉「…そう」

    ダイヤ「…ごめんなさい鞠莉さん」

    鞠莉「ダイヤは悪くないわよ。でも…そう…」

    ダイヤ「…おそらく、はい。スクールアイドルはそんなに優しい世界ではないですわ」

    鞠莉「…最善を尽くしましょう」

    ダイヤ「そう…ですね」

    タッタッタッ…

     

    124: 名無しで叶える物語 2017/05/22(月) 05:59:08.99ID:t2HMnIfd.net

    それからはあっという間だった

    バタン!

    鞠莉「沼津の市民会館を抑えたわ!」

    千歌「ありがとう鞠莉ちゃん!」

    梨子「ちょっと千歌ちゃん、早く歌詞完成させてよ」

    千歌「分かってるって~楽しい曲…みんなが楽しめる曲…」

    花丸「千歌さん、ここは繰り返しにしたらどうずら?」

    千歌「そうだね…合いの手もいれれる所に入れてみる?」

    花丸「あ、いいかも…」

    ダイヤ「私たちはライブの告知と宣伝をしましょう」

    ルビィ「うん、任せてお姉ちゃん」

    果南「ちがう…ここはもっとこういう振りの方が…でもフォーメーションが崩れるし…」

    曜 カリカリカリ…

    善子「ちょっと曜さん大丈夫?物凄い速さでノート書き込んでるけど…」

    曜「残せるだけ残そうと思って…」カリカリカリ

     

    125: 名無しで叶える物語 2017/05/22(月) 06:05:54.25ID:t2HMnIfd.net

    果南「ワン ツー スリー フォー」

    ルビィ「ふっ…ふっ…」

    果南「花丸ちゃん、そこの移動もうちょっとタイミング早く!」

    花丸「はい!」

    曜「~♪」

    千歌(楽しそう…♪)

    果南「千歌、ぼーっとしないで、今千歌のパートだよ」

    千歌「え!?ごめん!」

    鞠莉「なーにみてたのかしら?」チラッ

    曜「え?」

    千歌「も、もー!」

    善子「曜さんと千歌さんは契約を交わした仲…いわば半身!その証は曜さんの背中に刻まれてるわ…」

    ダイヤ「今は治ってきてますけど、あれすごい怪我ですわよ?跡だって…」

    曜「あ、あはは…///」

    果南「ちょっとーまだ休憩じゃないんだけど!」

    「はーい」

     

    126: 名無しで叶える物語 2017/05/22(月) 06:11:23.79ID:t2HMnIfd.net

    曜 ヌイヌイヌイヌイ…

    善子「はっや」

    ルビィ ガガガガガ…

    花丸「ずらぁ…」

    千歌「曜ちゃんとルビィちゃんすご…」

    ダイヤ「果南さん、分からないなら置いててくれていいんですよ?」

    果南「これくらいできるよ!…いたっ」

    鞠莉「はい、絆創膏。貸して、やるから」

    果南「カタジケナイ…」

    梨子「装飾出来たわよ」

    曜「ありがと!よっしこれで…」ヌイヌイヌイヌイ

    花丸「うわぁ…」キラキラ

    善子「…すごい」

    曜「まだまだいくよー!」ヌイヌイヌイヌイ

     

    127: 名無しで叶える物語 2017/05/22(月) 06:21:04.70ID:t2HMnIfd.net

    そして…

    ワーキャーワーワーキャー

    千歌「曜ちゃん…」

    曜「千歌ちゃん…」

    コクッ

    千歌「さあみんな、準備はいい!」

    千歌「今、全力で輝こう!」

    千歌「1!」

    曜「2!」

    梨子「3!」

    花丸「4!」

    ルビィ「5!」

    善子「6!」

    ダイヤ「7!」

    果南「8!」

    鞠莉「9!」

    千歌「Aqours!」

    「サンシャイン!」

    no title

     

     

     

    128: ジャスラックに怒られる 2017/05/22(月) 06:38:17.36ID:t2HMnIfd.net

    楽しくって 1日が短いからね!
    思い切り 笑いながら
    明日のことは 明日考えよ!
    夢のような 瞬間がここにあるよ

    いつまでも いつまでも 踊るんだもん♪
    もっともっともっともっと!
    いつまでも いつまでも 踊るんだもん
    Woo…OK!

    楽しい日は あっという間に終わるってことを
    今はまだ 言わないでいて
    帰りたくない 帰らないでいいよ
    夢のような 瞬間がここにあるよ

    夢描くってどんなこと?
    熱くなって止められない
    みんなに知って欲しくなる
    そんな思いかな

    届かない星だって 手を伸ばす勢い持って
    届かない星だって 手を伸ばせそれから悩め!

    jumping heart だって始めたいことが
    charging heart 今見つかったばっかり
    ゴールはどこ?どこだろう?分からない
    分からない でもね楽しそうだよ

    みんなみんな悩みながら ここへたどり着いたね
    これからだよ 今は もう迷わない!

    憧れ抱きしめて 次へ進むんだ
    僕たちだけの新世界が きっとある
    We say ヨーソロー!

    ヒカリになろう 未来を照らしたい
    今はもう 迷わない

    夢を語る言葉より 夢を語る歌にしよう
    それならば今を 伝えられる気がするから
    夢を語る言葉から 夢を語る歌が生まれるんだね
    広がるこの想いは

    大好きなメロディのつながりだよね
    もう逃げないで進む時だよ 新しい場所へ

    Singing my song for my dream!
    Singing my song for my dream!

     

    129: 名無しで叶える物語 2017/05/22(月) 06:43:30.06ID:t2HMnIfd.net

    ワーワー!キャーキャー!
    アクアー!
    ヨウチャーーン!

    曜「はぁ…はぁ…」

    曜「楽しかった」

    曜 スッ…グッ

    チリン…

    曜「…羽?」

    曜「………もう私には必要ないよ」

    曜「…Aqoursの輝きが多くの人に届きますように」

    千歌「ありがとうございました!浦の星女学院スクールアイドル、Aqoursでした!」

    ワーーーーーーーーーー!

     

    131: 名無しで叶える物語 2017/05/22(月) 06:51:07.75ID:t2HMnIfd.net

    その後、私は転校した。

    転校してからは巡るましい日々が続いていた。

    大丈夫、残せるだけのものは残してきた。

    Aqoursが活動していく力になると思う。うん、大丈夫!

    私もこっちでの生活を頑張らなきゃ…

    「渡辺さんスクールアイドルだったの!?」

    「知らないの?今年度の注目スクールアイドルの1人だよ?特集も組まれてたじゃん。飛び込みの日本トップクラスの選手で、文武両道才色兼備の天才!」

    「あはは…そんなにすごくないよ…」

    「またまた~謙遜しちゃって!」

    「…ちっ」

    「…」

    ここは少し息苦しい。

     

    132: 名無しで叶える物語 2017/05/22(月) 06:55:03.53ID:t2HMnIfd.net

    Aqoursのみんなは元気にやってるかな…

    連絡はしてるんだけど、あんまり返事返って来ないんだよね。

    今日、ちょっと調べてみようかな。

    新しい曲とかも出てるかな?なんかワクワクしてきた!

    みんなに連絡しようかな?千歌ちゃんとか寂しくて泣いちゃってるかもしれないなぁ…

     

    133: 名無しで叶える物語 2017/05/22(月) 07:02:31.83ID:t2HMnIfd.net

    「なに…これ…」

    Aqours xxxx位

    「うそ…前まで3桁前半近くにまで上がってたのになんで!?」

    「…コメント」

    やっぱ曜ちゃんいないと魅力に欠ける

    最近の衣装クオリティ下がってない?

    楽曲似たようなのばかりで面白くない

    つまらん

    何か足りない気がしてならん

    曜ちゃん復帰はよ

    ヨーソロー!

    これじゃAqoursも有象無象の1つだな

    「………」ギリッ

    「Aqoursはもっとすごいんだから、今に見ててよ…!」

    YOU:みんな頑張ってね!遠くからだけど応援してるからね!全速前進ヨーソロー⚓︎

    曜「…みんな」

     

    134: 名無しで叶える物語 2017/05/22(月) 07:05:35.39ID:t2HMnIfd.net

    「新曲だ…」

    またこんな感じの曲か…

    最近のは歌詞が全然響いて来ない

    8人ってバランスあんまり良くないよね

    ダンスの見栄えが悪い

    「…」カタカタ

    私この曲好きだな。みんな頑張ってるし

    そうか?

    俺は微妙…

    「…はぁ」

    最近はみんなからの返信もない。

     

    135: 名無しで叶える物語 2017/05/22(月) 07:10:21.09ID:t2HMnIfd.net

    私がお母さんから浦の星の統廃合の話を聞いたのは、転校から2ヶ月後のことだった。

    「…Aqours、ない」

    ランキングからも、Aqoursの名前は消えていた。

    「…みんなぁ」グスッ…

    私はなんて連絡すればいいかも分からずに、ただただ、Aqoursの名前を探し続けた。

    「…私がいなくなったからなの?」

    「…分かんないよ」

    Aqoursのメンバーに連絡をすることは二度となかった。

     

    136: 名無しで叶える物語 2017/05/22(月) 07:16:29.49ID:W+hHd/Us.net
    oh…

     

    137: 名無しで叶える物語 2017/05/22(月) 08:00:35.00ID:qCBiknRm.net
    うそん……

     

    138: 名無しで叶える物語 2017/05/22(月) 08:25:48.55ID:IjHW8oS5.net
    まさかのBad Endルートなん?

     

    140: 名無しで叶える物語 2017/05/22(月) 10:48:18.24ID:t2HMnIfd.net
    これ以上何するんや…
    助けてラブライブ…

     

    142: 名無しで叶える物語 2017/05/22(月) 12:33:41.98ID:xZOs6/fb.net
    羽を手放したばかりに・・・

     

    145: 名無しで叶える物語 2017/05/22(月) 15:24:48.06ID:WkRzlAZR.net
    落ち込んだ曜ちゃんを見たパパママが本当にいるべき所はどこなのか諭してくれそう

     

    146: 名無しで叶える物語 2017/05/22(月) 16:38:25.14ID:DCV8qOXL.net
    てかなんでみんな返信してないんかな
    おもひととは何だったのか

     

    149: 名無しで叶える物語 2017/05/24(水) 13:02:57.21ID:MSLvgmX9.net
    ロードし直してハッピーエンドはよ

     

    143: 名無しで叶える物語 2017/05/22(月) 12:51:25.70ID:H/CV7ndk.net
    おつおつ!これは悲しい…
    >>50のセーブデータからコンテニューしよう(提案)

     

    159: 名無しで叶える物語 2017/05/30(火) 11:31:48.79 ID:otrIJF6d.net
    2でバッドエンドだったから、
    >>50で①Aqoursに残るの選択肢選んだバージョンで誰かはよ

     

    160: 名無しで叶える物語 2017/05/30(火) 16:59:36.12 ID:xeQ4g+Ik.net
    >>50の残るルートが見たい。誰かの家に居候する曜ちゃんとか面白そう
    十千万、淡島ホテル、ダイビングショップ、寺、黒澤家とか何でもござれっぽそうだし

     

    156: 名無しで叶える物語 2017/05/29(月) 19:03:01.44 ID:AH4CIlHC.net
    悲しすぎるよ

     

     

    1001: 以下ことりぷらすの関連記事をお送りします。2099/01/01(日) 00:00:00.00 ID:kotori-plus.com


     

  • 注目記事

  • コメント

    ※誹謗中傷や荒らし行為など、他の閲覧者様が不愉快になる内容のコメントは非表示及びコメント禁止とさせていただく場合があります。ご了承ください。
    1. 匿名 より:

      取り敢えず引っ越しって書いた奴は戦犯

    2. 匿名 より:

      まぁね?家族は唯一無二だもんね?分からなくもないよ?それでも敢えて言うけど
      2選んだ奴絶許

    3. 匿名 より:

      運命を変える9人の戦士だからな
      1人欠けるだけでも運命は変えられなくなる

    4. 匿名 より:

      2選んだやつだれだ 絶許

    5. 匿名 より:

      ゲームでありそう。正解だと思った選択肢が実はバットルートでって。

    6. 匿名 より:

      貴重なようルビと素のダイヤさんが見れた前半の神スレっぷりが嘘のようなBadEndで悲しいよ

      変な安価つけずに進めてくれれば…

    7. 匿名 より:

      もしもなんてまったく意味ないな
       
      ありえない可能性はほんとにありえないという駄作

    8. 匿名 より:

      ただただツラい…

    9. 匿名 より:

      安価とかなにが楽しいんだか…大抵ロクなことにならんだろ。