• 【ラブライブ!】 穂乃果「俺くんっていつも寝てるねー」

    55a12e74beb24

  • 注目記事

  • 1: ◆JrXn0N7dkI (ぎょうざ)@\(^o^)/ 2016/03/24(木) 17:32:28.68 ID:TDv8zS3d.net
    俺(友達いない歴17年。今日も俺は寝ているフリをしている)

    俺(情けないことに寝たふりに、板がついてきた今日この頃)

    俺(俺は放課後にクラスメイトがいなくなるまで、狸寝入りを決め込むつもりだ)

    穂乃果「フンフンフ~♪」

    俺(クラスに誰もいなくなってから帰ろうと思っていたのだが……)

    穂乃果「ん、あれー?」

    俺(学年一可愛い高坂穂乃果さん……どうか話しかけられませんように!)

    穂乃果「おーい、俺くーん?」

    俺(ビクッ! 寝たふり寝たふり……)

    穂乃果「寝てるのかな~」

    過去作:穂乃果「ごめんなさい……」シュン
         ことり「穂乃香ちゃんの投げたマイクが落ちてこない」

     

    2: ◆JrXn0N7dkI (ぎょうざ)@\(^o^)/ 2016/03/24(木) 17:33:36.92 ID:TDv8zS3d.net
    俺(そうだ俺は寝ているんだ。だから構わず教室から速やかに退場するがいい)

    穂乃果「そっかー寝てるのかー」

    俺(はいはい寝てますよー。一緒に帰る友達もいないからな)

    穂乃果「チェスト!!」グサッ

    俺「!!?」ビックゥ!!

    穂乃果「あはは~、やっぱり起きてた」

    俺「そそそそんなことされたらだだ誰だて起きるよ!!」オロオロ

    穂乃果「えー、でも最初から寝ているようには見えなかったなー」

    俺(何を考えている!? どんな意図があって俺を起こしたのだ!?)

    穂乃果「俺くんって授業中も放課後もいつも寝てるよね。寝たふりって言った方が正しいのかな?」

    俺「寝たふりじゃないだす」

    穂乃果「あはは、そっか。眠りの邪魔してごめんねー」
    no title

     

     

     

    3: ◆JrXn0N7dkI (ぎょうざ)@\(^o^)/ 2016/03/24(木) 17:34:31.68 ID:TDv8zS3d.net
    俺(とにかく高坂さんの前でカッコ悪いとこは見せられないぞ)

    穂乃果「それにしても脇腹に貫手をかましたら”ビックゥ!”ってなってたよー」

    俺「脇腹敏感なんで……」

    穂乃果「そっか俺くんは脇腹が急所なんだねー」

    俺(敏感ってワードのチョイスはちょっとアレだったかな……)

    穂乃果「じゃあこんなのはどうかな~。希ちゃん直伝のワシワシMAXだぁー!」

    俺「あっあひゅやめやめてくだしあ!!」

    穂乃果「あはは、本当に脇腹弱いんだねー!」

    俺(憧れの高坂さんにくすぐられてる!! 何この状況!?)

    穂乃果「俺くんの反応おもしろいねー」

    俺(スクールカースト最下位の俺に、こんな吉日が訪れるなんて夢にも思わなかったよ)

     

    4: ◆JrXn0N7dkI (ぎょうざ)@\(^o^)/ 2016/03/24(木) 17:35:06.85 ID:TDv8zS3d.net
    穂乃果「それにしても俺くんて無口だよねー」

    俺「そそんなことないです。喋ろうと思えばらしゃべりるます……」シドロモドロ

    穂乃果「ふふ、そっかそっか」

    俺(吃音症のバカヤロウ!!)

    穂乃果「それにしても俺くんが居てくれてよかったなー」

    俺(なんで?)ドキッ

    穂乃果「今日は海未ちゃんもことりちゃんも、訳があって一緒に帰れないんだよね」

    俺(もしかしてこの流れは……)

    穂乃果「俺くん途中まで一緒にかーえろ♪」

    俺「もももちろんでしゅ!!」

    穂乃果「”でしゅ”だって。俺くんおもしろーい!」ニコニコ

    俺(ちくしょー!!)

    穂乃果「それじゃあ、カバン持って。帰路にレッツゴー!!」
    no title

     

     

     

    5: ◆JrXn0N7dkI (ぎょうざ)@\(^o^)/ 2016/03/24(木) 17:35:57.78 ID:TDv8zS3d.net
    俺(隣に高坂穂乃果さん。女の子とはまともに話したこともないのに……)

    穂乃果「だって可能性感じたんだ~フンフンフフンフーン♪」

    俺(高坂さんが可愛いすぎて、手足の末端から崩れ落ちそうだ……)

    穂乃果「ねえねえ、俺くん」

    俺「ななんですか?」

    穂乃果「俺くんは私がスクールアイドルやってるのは知ってる?」

    俺「もももちろん知っています!!」

    穂乃果「え、本当!? 凄く嬉しいよ!!」

    俺「実はいつも応援していて……」

    穂乃果「そっかそっか、こんな身近な処にもファンがいたなんて」

    俺(ファンであることを言ってしまった。ミーハーキモオタえっぐとか思われたりしないだろうか……)

    穂乃果「同学年にもファンがいるなんて知ったら、もっと頑張りたくなっちゃった!」パァァ

    俺(大天使高坂穂乃果さんがそんなこと思うわけないですよねー!!)

     

    6: ◆JrXn0N7dkI (ぎょうざ)@\(^o^)/ 2016/03/24(木) 17:36:39.81 ID:TDv8zS3d.net
    穂乃果「……ん」ボー

    俺(あれ? 急に無口になったぞ)

    穂乃果「んー……」

    俺(もしかして俺あきられてないか……?)ガーン

    俺(何でもいいから話題探さないと! 高坂さんにだけは嫌われたくないぞ!)

    穂乃果「俺くん」

    俺「な、なに?」

    穂乃果「おなかすいてない?」

    俺「まあそこそこすいてるかな」

    穂乃果「じゃあじゃあ、いまからクレープ食べに行こうよ!」

    俺「ク、クレープ!?」

    俺(憧れの高坂さんと放課後クレープデートだと!)

    俺「行こう! クレープ食べに行こう!」

    穂乃果「俺くんがクレープ嫌いじゃなくてよかった。それじゃあクレープ屋へゴー♪」

    俺「はいぃ!」

    俺(こうして俺たちはクレープ屋へと足を運んだ)
    no title

     

     

     

    7: ◆JrXn0N7dkI (ぎょうざ)@\(^o^)/ 2016/03/24(木) 17:37:44.98 ID:TDv8zS3d.net
    穂乃果「わたしはどうしようかな~。イチゴもいいけどブルーベリも捨てがたいな~」

    俺(クレープを選別する高坂さんめんこいなぁ)

    穂乃果「よーし、決めた! 私はイチゴクレープ!」

    俺「じゃあ俺はマカダミアンナッツで……」

    店員「あらっしゃー」

    穂乃果「俺くんのチョイス、なんだか通っぽいね」

    俺「そ、そうか?」

    穂乃果「う~ん、イチゴクレープおいしい♪」

    俺「そういえば高坂さん苺が好物だったよね」

    穂乃果「えぇ!? なんで知ってるの? 俺くんってもしかしてエスパー!?」

    俺「いや、μ’s の公式HPに書いてあった」

    穂乃果「わわ、そんなところまで見てくれてたんだ! 感激しちゃった~」

    俺(おっ、高坂さんからの好感度あがったか?)

    穂乃果「俺くんのマカダミアンナッツおいしそうだね」

    俺「ん、ああ、おいしいよ」

    穂乃果「あっ、俺くんの後ろにアルパカの群れが!!」

    俺「えっ」クル

    穂乃果「あーむ♪」パクリ

    俺「えぇ!?」

    穂乃果「本当だね。マカダミアンナッツおいしい」ペロ

    俺(高坂さんが俺のクレープを……!?)

    穂乃果「あっ、ごめんね。もしかして嫌だった?」

    俺「全然嫌じゃないです全然!!」

    穂乃果「そっか、よかったー」

     

    9: ◆JrXn0N7dkI (ぎょうざ)@\(^o^)/ 2016/03/24(木) 17:38:46.12 ID:TDv8zS3d.net
    俺(高坂さんと間接キス……今日、死んでしまっても悔いはない)

    穂乃果「んー、それにしても今日は夕日が綺麗だねー」

    俺(高坂さんの方が綺麗だよ、とかクサイこと言ってみる)

    穂乃果「夕日が照り返して町中が橙色に染め上って、なんだか幻想的な光景だよね」

    俺「そうだね……」

    俺(夕日に照らされながら語るその横顔が、俺にはとてつもなく美麗に思えた)

    穂乃果「あっ、いけない!! 今日は夜からお店のお手伝いするんだった!!」

    俺「え、そうなの」

    穂乃果「今日は先に帰らせてもらうね! 私から誘っておいてごめんね!」

    俺「いや構わないよ」

    俺(そういや、高坂さんはアイドルと和菓子屋のお手伝いを兼業してるんだってな)

    俺(学校では寝て、家ではゲームしてる俺とは大違いだ)

    穂乃果「それじゃあまた今度埋め合わせするから、それじゃあね! また会おうね!」

    俺「うん、気を付けて帰って」

    俺(次はいつのことになるのやら。こんな幸運長続きしないだろうなー)

     

    10: ◆JrXn0N7dkI (ぎょうざ)@\(^o^)/ 2016/03/24(木) 17:39:34.45 ID:TDv8zS3d.net
     【翌日】

    俺(さーて今日も寝たふりしてやりすごすか)

    DQN1「そんでさー、こないだ8番台に2万ぶっこんだら、全部吸い取られてやんの」

    DQN2「ハハッ、お前バカだなー」

    DQN3「そんなことより、また麻雀したくね?」

    俺(同じクラスのDQNどもだ……)

    DQN1「おっ……なあ、あれみてみ」

    DQN2「ん? あぁ……」

    DQN3「クスクス……」

    俺(なんだか嫌な予感が……)

    DQN1「おいお前何聞いてるんだよ。起きてんだろ」

    DQN2「えっ何、盗み聞き……? ナイワーキモイワー」

    DQN3「何無視してんだよ!」ガッ

    俺「いっつ!」机バターン

    DQN1「お前が悪いんだかんなー。寝たふりして人の話聞いてるお前のな」

    DQN2「それにしてもDQN3はやりすぎだベwww」

    DQN3「こんぐらいのお灸据えんのも優しさの一つやで」ケラケラ

    俺(悔しい……悔しいのになにも言い返せない自分が恥ずかしい)

    穂乃果「……」

     

    11: ◆JrXn0N7dkI (ぎょうざ)@\(^o^)/ 2016/03/24(木) 17:40:27.40 ID:TDv8zS3d.net
    DQN1「なぁお前ってトイレ行きたくなっても寝たふりしてんの?」

    DQN2「寝たふりしながらションベン垂れ流してんじゃねーのwww」

    DQN3「うっわきしょ、うっわ死ねよ」ゲシゲシ

    俺(ギリリ……こいつら殺してやりたい)

    俺(だけど俺は何もできない……ただこの時が過ぎるのを待つだけだ)

    穂乃果「俺くん大丈夫?」机ナオシナオシ

    俺「え?」

    穂乃果「ねぇ、DQNくんたち。こんなことして楽しいの?」

    DQN1「は?」

    穂乃果「DQNくんたちでもわかるでしょ? 俺くん嫌がってるよ」

    DQN2「はーんwww?」

    穂乃果「俺くんに謝って……出来なければ、もう俺くんに関わらないで」

    DQN3「何いってんのこのアマ」

    俺「高坂さん……」

     

    12: ◆JrXn0N7dkI (ぎょうざ)@\(^o^)/ 2016/03/24(木) 17:41:13.51 ID:TDv8zS3d.net
    DQN1「あー、なんかイライラするわ」

    DQN2「なに正義感持っちゃってんの?」

    DQN3「オレたち俺くんと遊んでただけなんすけどー」

    穂乃果「こんなの遊びなんて言わない、ただのイジメだよ」

    DQN1「おい少し可愛いからって調子に乗るなよ」

    俺(高坂さんは調子になんか乗っていない)

    俺(俺が傷つかないように必死に守ってくれているんだ)

    DQN2「正直、俺お前の”ファイトだよ♪”って奴気に食わないんだよな」

    俺(DQN達に立ち向かうなんて、相当な勇気がいるはずなんだ)

    DQN3「わかるわ~、まるで俺たちが頑張ってないみたいなものいいだよな」

    俺(その証拠に高坂さんの足がブルブル震えている。悪意に満ちた恐怖に真っ向から立ち会っているんだ)

    DQN1「正直、お前うぜえんだよ。しねや」

    俺(俺はこの高坂さんの勇気に、思いを返さなければならない!!)

     

    13: ◆JrXn0N7dkI (ぎょうざ)@\(^o^)/ 2016/03/24(木) 17:41:47.67 ID:TDv8zS3d.net
    俺「高坂さんはウザくなんかねぇぇぇぇえええ!!」バシッ

    DQN1「うぇぐ!!」

    DQN2「な、てめぇ何しやがる!!」

    俺「死ぬのはてめえらだコナクソ野郎ー!!!!」ドス

    DQN「うぐ……!! てめこらざっけんなよ!!」ガス

    俺「うらあああああああああ!!!!」ドスバキッ

    俺「痛くねえ、全然痛くねえぞこらあああ!!!!」ガスッガスッ

    俺「消えろやDQN共!! 内臓引き摺り出してやらああああ!!」バキドスッ

    俺「ウッピンパポラーグラッチェサイゼロッテリアアアアアア!!!!!!!!」

    俺「あああああああああああ……!!」

    俺「ああああああああ…………」

    俺「ああああ……………………」

    俺「………………………………」

     

    14: ◆JrXn0N7dkI (ぎょうざ)@\(^o^)/ 2016/03/24(木) 17:42:33.60 ID:TDv8zS3d.net
    穂乃果「だって可能性感じたんだ、フンフンフフンフーン♪」

    俺「ん……つっ! ここは……保健室?」

    穂乃果「あっ、俺くん起きたんだ! よかったー無事でなによりだよ」

    俺「ひぇ!? なななんで高坂さんが!!」

    穂乃果「私は付き添いで一緒に来たんだよ。俺くんが力尽きて保健室に運ばれちゃったから」

    俺「そういえば喧嘩したんだったな……初めての喧嘩だった」

    穂乃果「むぅ……」プクー

    俺「え? どうしたの?」

    穂乃果「穂乃果心配したんだよ……いきなりDQNくん達に殴り掛かるなんて」

    俺「あ、ごめん……」

    穂乃果「謝っても許してあげません。自分を大切にできない人は穂乃果嫌いです」

    俺「そんな……」

    穂乃果「なんてね♪ これからは無茶なことしちゃダメだよ」

    俺「わかりました……」

    穂乃果「よろしい♪」

     

    16: ◆JrXn0N7dkI (ぎょうざ)@\(^o^)/ 2016/03/24(木) 17:43:12.27 ID:TDv8zS3d.net
    俺(そうか……俺がDQN達に殴り掛かったのか。ただただ恐怖の対象でしかなかったあいつらに)

    俺(高坂さんをバカにされた怒りが、恐怖の値を大きく上回ったんだろうな)

    穂乃果「ンん……」背中ノビー

    穂乃果「ずっと椅子に座ってたから疲れちゃった」

    俺「ごめんね……俺に付き合わせて」

    穂乃果「ううん、全然気にしない」

    俺「あと……」

    穂乃果「あと?」

    俺「俺は”ファイトだよ”ってやつ、嫌いじゃないから!!」

    穂乃果「ぷっ……あはは、ありがとう!!」

    俺「おお俺なにかおかしいこと言ったかな!?」

    穂乃果「ううん、全然おかしくないよ! むしろ嬉しい」

    俺(その後俺たちはしばらく、とりとめのない話をして時間を過ごしたのだった……)
    no title

     

     

     

    17: ◆JrXn0N7dkI (ぎょうざ)@\(^o^)/ 2016/03/24(木) 17:43:36.33 ID:TDv8zS3d.net
     【その後】

    穂乃果「ラストライブ絶対に優勝しよう!!」

    穂乃果「1!」

    海未「2!」

    ことり「3!」

    凛「4!」

    花陽「5!」

    真姫「6!」

    にこ「7!」

    絵里「8!」

    希「9!」

    俺「10!」

    全員「μ’s music START!!!!」

     

    18: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/03/24(木) 17:44:49.61 ID:wbPs/jid.net
    ってなんで俺君が!?

     

    21: ◆JrXn0N7dkI (ぎょうざ)@\(^o^)/ 2016/03/24(木) 17:52:54.81 ID:TDv8zS3d.net
    終わりです。
    ラブライブ板への投稿は初めてです。
    仲良くしてやってください。

     

    20: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/03/24(木) 17:52:35.99 ID:f/UPLGJS.net
    なんだこれ

     

    24: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/03/24(木) 17:55:58.40 ID:KNs6VEjE.net
    なんか面白かったよ

     

    25: ◆JrXn0N7dkI (ぎょうざ)@\(^o^)/ 2016/03/24(木) 17:58:05.09 ID:TDv8zS3d.net
    >>24
    ありがとうございます

     

    27: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/03/24(木) 18:40:13.22 ID:y3/MgV3P.net
    俺が同じことしても、ねてる間に鼻くそ食っちゃうから尊敬されないんだよなー
    羨ましい

     

    28: 名無しで叶える物語(ほうとう)@\(^o^)/ 2016/03/24(木) 19:00:35.90 ID:8YoaxNp9.net
    すき

     

    29: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/03/24(木) 19:21:37.99 ID:d1MpC6sV.net
    サイゼロッテリアァァァァ‼︎

     

    30: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/03/24(木) 19:52:47.66 ID:Gx5Zoh7t.net
    まともな俺くんSSでワロタ
    これもこれで良いね

     

    31: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/03/24(木) 21:04:09.77 ID:jLWx8TGF.net
    俺君SSって案外良作多いよなぁ、乙

     

    32: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/03/25(金) 01:51:58.21 ID:IzuoE8Yn.net
    ワロタ

     

    33: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/03/25(金) 01:58:50.49 ID:YOmhQXDG.net
    ぎょうざだったからずっと構えてたら案外普通のSSでワロタ

     

    34: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2016/03/25(金) 02:54:05.47 ID:3tpU8QgR.net
    ええな

     

    35: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/03/25(金) 07:11:42.31 ID:t9vQMtns.net
    普通に良かったので驚いた
    これくらいなら良いよね

     

    36: 名無しで叶える物語(雨が降り注ぐ世界)@\(^o^)/ 2016/03/25(金) 07:20:01.20 ID:cS7xKxv+.net
    なんだろう
    この俺君は許せる

     

    37: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/03/25(金) 11:29:40.44 ID:AIV1MVvB.net
    μ’sの中に根暗でブサイク俺君がいると思うとワロタ

     

    38: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/03/25(金) 12:24:21.53 ID:JCRZw5hs.net
    闇属性のμ's

     

    39: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/03/25(金) 23:05:35.95 ID:bJOz3V91.net
    最後どうにかならなかったのか

    それ以外良いのに良いのに

     

    40: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/03/25(金) 23:44:44.35 ID:JdQrN58N.net
    俺君は舞台の後ろでステージ終わったμ’sのために飲み物用意してる
    まで見えた

     

  • 注目記事

  • コメント

    ※誹謗中傷や荒らし行為など、他の閲覧者様が不愉快になる内容のコメントは非表示及びコメント禁止とさせていただく場合があります。ご了承ください。