• 【ラブライブ!】 海未「おじさま・・・いけません///」

    a66dd9a8

  • 注目記事

  • 1: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/09/19(土) 08:35:58.80 ID:tTPQZrkB.net
    いいね

     

    2: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/09/19(土) 08:36:21.00 ID:tTPQZrkB.net
    頬を赤らめうっすら涙を浮かべた海未の
    少しはだけた着物の裾からのぞく白いふくらはぎ
    no title

     

     

     

    3: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/09/19(土) 08:36:34.96 ID:tTPQZrkB.net
    ふくらはぎを撫で上げヒザ裏に指を這わすと小さく呻く海未
    さらにヒザの内側に手を滑り込ませると「いけません…いけません…」と消えそうな声で訴える

     

    4: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/09/19(土) 08:36:48.30 ID:tTPQZrkB.net
    ヒザをキュウと締めて抵抗する海未のやや汗ばんだふとももの内側に手をずらす
    身体をよじらせ「おじさま、やめて…」と伏し目がちに懇願する海未のあごをクイと持ち上げる

     

    5: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/09/19(土) 08:37:01.60 ID:tTPQZrkB.net
    顔をそむけようとするも引き戻され声を上げる間も無く唇を奪われる海未
    すぐさまねじ込まれた舌が別の生き物のようにうごめき海未の舌を陵辱する

     

    6: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/09/19(土) 08:37:16.20 ID:tTPQZrkB.net
    ふとももを揉みほぐしながらじわりと這い上がる手が鼠径部に達し声にならない悲鳴を上げる
    手を振りほどき「これ以上は…」と言いかけた刹那、下着の上から敏感な部分を押しこまれる海未

     

    7: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2015/09/19(土) 08:37:20.78 ID:gFog97/g.net
    お宅官能小説でも読んでんの?

     

    8: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/09/19(土) 08:37:31.36 ID:tTPQZrkB.net
    「はぅ」と身体の奥から声を上げて腰をはじけさせ大きくのけ反った海未の背に腕がまわり抱きかかえられる
    股間に差し込まれた一方の手の指先は下着の中に隠されたスジをなぞり時折軽く押し込んで刺激を海未に与え続けているwpid-0509ce58af819c74b7f19f228e564d0b3e3b9bcc1408414379.jpg

     

     

     

    9: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/09/19(土) 08:37:46.52 ID:tTPQZrkB.net
    逃れようにも身体を締め付ける着物が自由に動くことを許さず、海未は熱い吐息を押し出しながら身をくねらせる
    苦しそうだね、と股間から腕を抜いて着物の帯を解き始めると目を伏して「いけません、いけません…」と繰り返す海未

     

    10: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/09/19(土) 08:37:59.92 ID:tTPQZrkB.net
    大切な着物がしわになってしまうよ、と語りかけるその顔は、幼い頃から見てきた大好きなあの笑顔
    あのお優しい方が私にひどい事をなさるわけがありません。そう、着物は大切に扱わないと…
    ふらふらと立ち上がりするりと着物を下ろす海未は今ここで脱ぐ理由やその結果に考えが向かない程には冷静さを失っている

    脱いだ着物は…と室内を見回す海未の長襦袢の裾をめくり上げ露わになったふとももに顔を埋めて脚の裏側に手を伸ばす
    後ずさりも出来ぬ海未の引き締まった白いふとももは汗でしっとりと湿りむせるような女の香りを放っている

     

    11: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/09/19(土) 08:38:13.17 ID:tTPQZrkB.net
    長襦袢に潜り込んだ頭を押し下げようとする海未のふとももに舌を這わせ裏側を揉み上げ撫で回す
    「あっ、いけませんおじさま…どうしてこんな…」困惑、恐怖、羞恥、様々な感情が交錯し涙ぐむ

    「この前、動画を見たよ」唐突な言葉に戸惑う海未は動きを止める。ふとももを陵辱しながら続ける
    「海未ちゃんがあんな格好で、人前で踊るようになるとはね」たちまち赤く染まった顔を両手で覆い隠す海未

     

    12: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/09/19(土) 08:38:29.70 ID:tTPQZrkB.net
    「動画も良かったけど、やはり実物だね」そう言ってふとももを舐めては吸い裏側を撫でまわす
    恥ずかしい。穂乃果とことりがいけないのだ。私を騙しそそのかしてあのような短いスカートを。
    いつの間にかそれが当たり前になってしまったが、やはり破廉恥、いや煽情的で淫猥な服なのだ。

    長襦袢から頭を出し伊達締めに手をかけ、もっとよく見せてと言うやいなやスルスルと解いていく
    「あ!これ以上は…」と抵抗する間もなく腰紐まで一気に解かれ長襦袢を大きく広げられる海未

    露わになった薄手の肌襦袢は汗で海未の白い肌に貼りつきふくらんだ薄桃色の乳首がうっすらと透けている
    先ほど指先の刺激を受け止めていた白いショーツも汗で湿り、中心を愛液がやや濡らしている

     

    13: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/09/19(土) 08:38:51.59 ID:tTPQZrkB.net
    「見ないでおじさまっ!」ペタリとその場に座り込みはだけた長襦袢のえりを押さえて縮こまる海未
    長襦袢のすき間から手を差し込んで腰に手を回し海未を抱き寄せると耳元でそっと囁きかける
    「9人の中で海未ちゃんが一番魅力的だったよ」顔を紅潮させ無言で首を横に振る海未

    さらに海未の身体を抱き締め真っ赤に染まった耳に顔を寄せ「海未ちゃんが一番、綺麗だよ」
    「おじさま…そんなこと…」長襦袢のえりをぎゅっと握りしめ下を向いたまま応える海未

    「綺麗になった海未ちゃんをもっと見せて」内側から長襦袢をめくり上げるように脱がせていく
    押さえ込んでいた腕が持ち上げられるもさほどの抵抗もせず固く目をつぶり歯を噛みしめる海未

    長襦袢が床に落ち再び露わになった肌襦袢を締める紐をするりと解いてめくるように脱がせていく
    肩に続いてむき出しになった白い乳房は汗で輝やいておりその桃色の先端はふくらんでいる

     

    14: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/09/19(土) 08:39:06.34 ID:tTPQZrkB.net
    「本当に綺麗になったね」ショーツ一枚で座り込んでいる海未の身体を舐めるように観察する
    「おじさま、恥ずかしいです…」目を逸らしたまま固く握りしめた手を床にこすりつける海未

    大きくはないが張りのある海未の乳房に手を当て優しく揉み上げながら先端に指をあてる
    あっと声を上げ大きく身体を震わせるもされるがまま、息をのんで身体を固くする海未

    すでにふくらんでいた乳首は指先で突かれ、押し込まれ、しごかれてさらに固く勃起していく
    徐々に息が荒くなり刺激が加えられるごとに身体が震えいつしか小さな喘ぎ声を発している海未

    「かわいいよ、海未ちゃん」そう言ってもう一方の乳房に手を置き乳首を唇で挟み舌先でその先端に刺激を加える
    「おじさま!それは…」相手を押し返そうとするも手に力はなくさらに息を荒げる海未の腰が浮いては沈む

     

    15: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/09/19(土) 08:39:24.25 ID:tTPQZrkB.net
    ピンと立った乳首は時折強く吸われては舌で転がされ絡みつく唾液の音が海未の羞恥心をくすぐる
    指と舌とで胸を攻められている海未の呼吸は速まり熱く火照った身体から滲み出る汗がじっとりと肌を濡らす
    いけない事をされているという思いと信頼する人の愛撫がもたらす身体の悦びがせめぎあい困惑する海未

    乳首を咥えていた口が胸から離れ熱い息を吐いている海未の口を再びふさぐと分厚い舌を侵入させる
    同時に乳首をこねっていた大きな手は海未のショーツの上から股間を包むように覆い被さり秘部を圧迫する

    「んんっ」喉の奥から絞り出された喘ぎ声を遮るように舌が海未の口内をかき回し唾液を吸い上げる
    秘部全体を揉みほぐすようにうごめく手にこれ以上の侵入を許すまいとふとももを締める海未

     

    16: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/09/19(土) 08:40:01.93 ID:tTPQZrkB.net
    海未の唾液を絡ませた舌が頬を走り耳の穴の入り口を舐め回すと「ひゃうっ」と高い声を上げて首をすくめる
    股間に差し込まれた指はショーツのふっくらとした盛り上がり揉み押さえながら中央部を中指で掻くように刺激する

    「あっ!いけません!おじさま…」上ずった声をあげ身体をビクビクと震わせながら手を払いのけようとする海未
    音を立てて耳を舐めていた舌はうなじを撫で首を上から下にゆっくりと移動し鎖骨をなぞって再び乳首を咥えている

    手が払いのけられてショーツから離れほっと息を吐き出すやいなや今度はその手がショーツに素早く潜り込む
    あっと声を上げた時にはショーツの中の大きな手が股間の柔肉を直接広げ海未の割れ目へと侵入する
    20150518231451edc

     

     

     

    17: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/09/19(土) 08:40:20.56 ID:tTPQZrkB.net
    溢れ出した愛液をわざと大きな音を立てて指に絡みつけクリトリスをヌルヌルとこすり上げては押しこむ
    「お、おじさま!ダメです!」目をつぶり刺激をこらえる海未の荒い息と身体の奥から湧き出た喘ぎ声が重なる

    かつて幼き海未を抱き上げその頭を撫でていた大きな手は今、海未の股間をまさぐりこねくり回している
    背を反らせ腰をガクガクと震わせている海未の身体は右左によじられ閉じていた脚は徐々に開き腰を時折浮かせている

    抑えることのできなくなった喘ぎ声は徐々にピッチが高まり甘く切ない声を部屋に響かせている
    「おじさま!おじさま!ダメ!ダメです!」ギュッとしがみつく海未のクリトリスをしごく指の動きが速くなる
    「あっ! … あーっ!」激しく全身をビクビクと震わせる海未のつま先がピンと伸び乳房がふるふると小さく揺れた

     

    23: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/09/19(土) 11:35:03.91 ID:X3w6uGA9.net
    no title

     

     

     

    24: 名無しで叶える物語(地震なし)@\(^o^)/ 2015/09/19(土) 13:28:26.07 ID:6eGzjP5B.net
    ぐうえろ

     

    25: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/09/19(土) 13:41:51.33 ID:+Uoax69G.net
    コピペだぞ

     

    26: 名無しで叶える物語(関東・甲信越)@\(^o^)/ 2015/09/19(土) 14:04:15.35 ID:2vnpne8B.net
    コピペなのかよ
    いかにも官能小説らしいと感心してたのにw4e27bae6ef0df48d27f41569ebe42ce459a76d621387030038

     

     

     

    27: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/09/19(土) 15:03:53.50 ID:0d7lLIYS.net
    なんのコピペだよ

     

    29: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/09/19(土) 15:23:02.09 ID:r83gbp+v.net

    続きをお待ちしております。

     

  • 注目記事

  • コメント

    ※誹謗中傷や荒らし行為など、他の閲覧者様が不愉快になる内容のコメントは非表示及びコメント禁止とさせていただく場合があります。ご了承ください。
    1. 匿名 より:

      ちょっと文が難しくて分かんないのでイラストでお願いします

    2. 匿名 より:

      お前は許さん 墓を掘っておいてやろう