• 【ラブライブ!サンシャイン!!】 千歌「梨子ちゃんのプフェ……プロフィール変える!」

  • 注目記事

  • 1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/24(水) 22:49:37.94 ID:iZvdRech

    千歌「梨子ちゃんこと、 しゃくら内……」

    ダイヤ「噛みましたね」

    梨子「噛んじゃいましたね」

    千歌「桜内梨子ちゃんのプロフィールを変えましゅ」

    ダイヤ「ベタに噛みましたね」

    梨子「可愛い」

    千歌「梨子ちゃんのプロフィール変えまーす……はぁ、あーぁ……」

    梨子「露骨にテンション下がっちゃった」

    2: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/24(水) 22:50:11.15 ID:iZvdRech

    ―スクールアイドル部室―

    千歌「……」ムスー

    ダイヤ「千歌さん、機嫌を直してください」

    千歌「梨子ちゃんが悪いんだよ。どうして難しい名前にしたの?」

    梨子「そんなこと言われてもねぇ。というか、これ何の集まりなの?」

    千歌「え?」

    ダイヤ「ご存知ではないのですか?」

    梨子「放課後に集まって話し合いをしているって聞いたことはあったけど、中身までは……」

    千歌「プロフィールだよプロフィール。結成してすぐ作った後に1回も更新していないでしょ?だから解散する前にちゃんとしたものにしたいの♪」

    梨子「なるほどね。だけどそんなに変わるものでもないんじゃない?」

    ダイちか「……」トオイメ

    梨子「他の皆はどう変わったの?」

    千歌「……ない」ボソボソッ

    梨子「え?」

     

    3: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/24(水) 22:50:46.17 ID:iZvdRech

    千歌「誰も変わってない」

    梨子「……帰っていい?」

    ダイヤ「お待ちください梨子さん!梨子さんに見捨てられては終わりなのです……!」ガシッ

    梨子「ダイヤさん!?」

    千歌「見捨てないでぇ!梨子ちゃんだけが頼りなのぉ!何でもするからぁ!」ガシッ

    梨子「今……こほんっ。どういうことなの?」

    ダイヤ「Aqours加入時はわりと普通だった梨子さん。しかし時が経つにつれて本性が露わになり……今ではもう、Aqoursで1番の変……個性のある方と言っても過言ではありません」

    梨子「今変人って言いかけませんでした?今でも、普通の女子高生だと思っているんですが……」

    ダイヤ「ということで普通だった頃のプロフィール確認いきますわー。ホワイトボードをご覧くださいー」

    梨子「えっ、ちょ、スルー!?」

    千歌「梨子ちゃん諦めなって」

     

    5: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/24(水) 22:51:37.10 ID:iZvdRech

    【桜内梨子のプロフィール】

    年齢:16歳(高校2年生)

    誕生日:9月19日(乙女座)

    血液型:A型

    身長:160cm

    3サイズ :B80/W58/H82

    好きな食べ物:ゆでたまご・サンドイッチ

    嫌いな食べ物:ピーマン

    趣味:絵画・手芸・料理

    特技:楽器(ピアノ・ビオラ)

     

    6: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/24(水) 22:52:18.46 ID:iZvdRech

    ダイヤ「よく見たら初期から普通じゃありませんね」

    梨子「そうですか?」

    千歌「乙女座いいなぁ。ねね、交換しない?」

    梨子「千歌ちゃんはたしか獅子座よね」

    千歌「うん。怒った時の梨子ちゃんと同じように、がおーって吠えるライオンさんだよ♪」

    梨子「これ終わったら少しお話しよっか」

    千歌「お話だけだよね?説教じゃないよね?笑って話し合えるよね!?ね!?」

    ダイヤ「梨子さん、生徒会室が空いていますのでどうぞ」

    梨子「はい♪」

    千歌「ダイヤちゃん!?」

    ダイヤ「千歌さんが余計な一言を言うからですわ。こんなに可憐な梨子さんを怒らせるなんて」

    梨子「可憐だなんてそんな……ふふ///」

    千歌「私も梨子ちゃんみたいに髪を伸ばしたら可憐になれるかな」

    梨子「今よりは大人な千歌ちゃんになりそうだけど」

    ダイヤ「大人な千歌さん……」

    千歌『ダイヤちゃん、久しぶり♪髪伸ばしてみたんだけど……似合う、かな♡』

    ダイヤ「アリですわね」ニヤニヤ

     

    7: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/24(水) 22:52:58.54 ID:iZvdRech

    梨子「ダイちかが捗り……こほんっ」

    千歌「梨子ちゃん風邪?」

    梨子「ううん、ちょっと咳き込んだだけよ」

    千歌「ならよかった。それにしても大人な私かぁ。逆に梨子ちゃんが髪を切ったらどんな感じかな」

    ダイヤ「梨子さんが……」

    梨子『髪切ってみたんだけど……え?失恋したのかって?違う違う、これから始めるのっ♡』ギュッ

    ダイヤ「破廉恥ここに極まれりですわ」ニヤニヤ

    梨子「ダイりこ……攻め逆転してダイヤさんの弱いところを上手く書けばギャップ萌……こほんっ」

    千歌「さっきから何言ってるの?」

    梨子「こ、こっちの話だから」アセアセッ

    千歌「ふーん。やっぱり梨子ちゃん変わったよね」

    梨子「そう?」

     

    8: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/24(水) 22:53:29.96 ID:iZvdRech

    ダイヤ「えぇ。変になりましたわ」

    梨子「そこはせめて成長したとか言ってくれません?」

    ダイヤ「良い意味で変になりましたわ」

    梨子「何でもかんでも、良い意味でって付けたら良くなるわけじゃないですよ」

    千歌「今回は期待できそうだね。ひょっとしたら1つ変えるどころか、全部変更になるかも!」

    ダイヤ「やっとですね……!」ウルウル…

    千歌「長かったねぇ」ウルウル…

    梨子「泣くほどつらい話し合いなの?」

    千歌「皆のプロフィールを変えようとしても、このままでいいとか、今も変わらないとかで大変だったんだよ」

    梨子「私もほとんど変わらないと思うけど」

    千歌「はいはい」

    梨子「軽く流された……いいわ、私が今も普通の桜内梨子だということを証明してあげる!」

    千歌(そのノリのよさ、前はなかったなぁ)ニヤニヤ

    ダイヤ「それでは好きな食べ物からいきますか」

     

    9: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/24(水) 22:55:28.48 ID:iZvdRech

    ―『好きな食べ物』―

    千歌「梨子ちゃんって、ほんっとにサンドイッチ好きだよね」

    梨子「うん♪3食でも飽きないかも」

    ダイヤ「そ、そこまで食べているのですか?」アセアセッ

    千歌「遊びに行ってお昼食べる時もサンドイッチだし、学校がある日もお弁当にサンドイッチ詰めてくるし」

    ダイヤ「筋金入りですね。どんなサンドイッチが1番好みなのですか?」

    千歌「それ私も聞きたかったっ」

    梨子「んー、1番はたまごサンドかな。好きなものが2つも入っているって幸せの塊なので♪」

    ダイヤ「なるほど。他のサンドイッチもよくお食べに?」

    梨子「野菜やチキン、ハムに焼き魚、揚げ物にフルーツサンド……満遍なく食べてますね」

    千歌「待って待って、焼き魚?」

    梨子「うん。焼きサバとか」

    ダイヤ「えぇ……?」

    梨子「結構美味しいですよ?野菜と挟んでマヨネーズをかけて……ふふっ♡」

    千歌「すごいの食べてるね……ゆでたまごも好きなんだっけ」

    梨子「うん。毎日朝ごはんに1個食べてるの」

     

    10: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/24(水) 22:56:01.01 ID:iZvdRech

    ダイヤ「卵は栄養価高いですからねぇ」

    梨子「ほんとは10個くらい食べたいんだけどね」

    千歌「バンデージ」

    ダイヤ「?」

    千歌「こ、こっちの話。ゆでたまごが好きってことはたまごが好きなの?」

    梨子「そう、ね。オムライスとか卵焼きもよく食べるし」

    千歌「それじゃあ好きな食べ物をたまごに、」

    梨子「具の中で好きなだけで、好きなのはサンドイッチだからダメ」

    千歌「じゃあじゃあ、他に好きな食べ物とかないの?」

    梨子「うーん……最近は辛いものにハマってるの」

    ダイヤ「ほぅ」

    梨子「ゆでたまごに七味かけたり」

    千歌「それって美味しいの?」

    梨子「これが意外に合うのよ~。今度千歌ちゃんもどう?」

    千歌「遠慮しておきます」ペコッ

     

    53: 名無しで叶える物語(禿) 2018/10/26(金) 19:48:45.83 ID:0XDydsGq
    >>10
    板東英二

     

    11: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/24(水) 22:56:31.66 ID:iZvdRech

    梨子「美味しいのに。ダイヤさんは?」

    ダイヤ「私もちょっと……なぜ辛いものに凝りだしたのですか?」

    梨子「あー……て、テレビで辛いもの特集をやってて。それを見たら美味しそうだったんです」アセアセッ

    千歌「テレビかぁ。なんかさ、嫌いな食べ物とかでも、芸能人が食べていると美味しそうに見えるよね」

    ダイヤ「わかりますっ!ハンバーグも食レポだとすごい美味しそうなのに、いざ目の前にすると……」ショボン

    梨子「私は見てもちょっとねぇ」

    ダイヤ「とりあえず好きな食べ物は保留にして、嫌いな食べ物にいきますか」ニヤニヤ

    千歌「ふふっ、そだね」ニヤニヤ

    梨子「?」

     

    12: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/24(水) 22:57:01.86 ID:iZvdRech

    ―『嫌いな食べ物』―

    梨子「ピーマンは未だに食べられないの」

    千歌「どこが嫌なの?」

    梨子「やっぱりあの苦味が……千歌ちゃんは食べられる?」

    千歌「もっちろん♪私は大人だからねー」

    梨子「すごいすごい」ナデナデ

    千歌「えへへ///」

    ダイヤ「どっちが大人なんだか。それでは千歌さん、梨子さん。失礼しますわ」スタスタ…

    梨子「えっ、ちょっと……ダイヤさんどこ行くの?」

    千歌「梨子ちゃんの好き嫌いをなくそうって、ピーマンの肉詰めを作ってきたんだって。今温めに行ったの」

    梨子「朝作ったの?」

    千歌「ううん。放課後になってからすぐ」

    梨子「そのせいで部室に30分も待たされ……ってそこまでしなくていいのに」

    千歌「梨子ちゃんがピーマンを食べられる大人になるためだよ」

    梨子「本当は?」

    千歌「プロフィールの嫌いな食べ物の欄をどうにかして変えたい」

    梨子「だと思った。でもそう簡単に克服できるかしらね」

    千歌「だーいじょ~ぶだよぉ」

     

    13: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/24(水) 22:57:27.96 ID:iZvdRech

    ―10分後―

    ガラガラッ

    ダイヤ「お待たせしましたわ」

    千歌「おかえりー」

    ダイヤ「こちらがピーマンの肉詰めです」

    梨子「あ、ありがとうございます……」オロオロ…

    千歌「まぁまぁ、とりあえず一口。ね?」

    ダイヤ「い、今更なのですがアレルギーとかではありませんよね?」

    梨子「ただ嫌い……です」

    ダイヤ「それなら大丈夫ですね。一口、一口だけでいいのでどうぞ」

    千歌「お口直しとしてサンドイッチも用意したからさ」スッ

    梨子「そこまでされたら……ダイヤさんが作ってくれたんだもの。一口だけなら……うん。頑張ってみる」

    ダイヤ「私は作っていませんわ」

    千歌「えっ」

    梨子「じゃあ誰が?」

    ダイヤ「最近梨子さんと仲の良い、善子さんを呼んで作っていただきましたわ。梨子さんに食べさせると話したら喜んで作ってくれましたの」

    千歌「ほぇ~、そうなんだ」チラッ

    梨子「…」パクパクモグモグ…

    千歌「ってあれ!?もう全部食べちゃったの!?」

     

    14: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/24(水) 22:57:48.11 ID:iZvdRech

    ダイヤ「効き目抜群ですわね」ニコニコ

    梨子「……ごちそうさまでした」

    千歌「き、嫌いなんだよね?」

    梨子「ピーマンはね」

    千歌「今食べたのピーマンなんだけど……」

    梨子「善子ちゃんが作ったという付加価値があれば、それはもうピーマンじゃないの。善子ちゃんよ」

    千歌「何言ってんの梨子ちゃん」

    ダイヤ「ま、まぁピーマンを克服できましたし。これにて無事変更、」

    梨子「でもやっぱりピーマンはちょっと」

    千歌「なんでさー、モリモリ食べてたじゃん」

    梨子「善子ちゃんをね」

    千歌「ピーマンだって」

    梨子「善子ちゃん」

    千歌「……善子ちゃんだね」

    梨子「だからピーマンはまだ克服できないかな」

    ダイヤ「毎回善子さんに作らせるわけにもいきませんからね。ピーマンより嫌いな食べ物などは?」

    梨子「んー、嫌いっていうか苦手なのが1つだけ。食べ物じゃないんだけど」

    千歌「なになに?」

     

    15: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/24(水) 22:58:19.74 ID:iZvdRech

    梨子「バイキングとかビュッフェみたいな、いっぱいご飯を食べるのが苦手で」

    ダイヤ「それまたどうして」

    梨子「口も胃も小さくて……あんまり食べられなくて」ショボン

    千歌「あぁー、梨子ちゃんってお口小さいよね。お昼食べる時もだいたい最後だもん」

    ダイヤ「言われてみれば。でも声の方は大きいですわよね」

    梨子「そ、そうですか?」

    ダイヤ「えぇ。よく『こらー!千歌ちゃーん!』と怒鳴り声が3年の教室にまで届いていましたわ」

    梨子「///」

    千歌「ぷぷぷ」ニヤニヤ

    梨子「千歌ちゃん後で説教ね。さっきのと合わせて2時間」

    千歌「足すの!?」

    ダイヤ「とりあえずピーマンはどうしましょうか」

    梨子「食べ物ってなるとやっぱりピーマンが苦手で……ごめんなさい」

    ダイヤ「仕方ないですわ。他の項目で変えるとしましょうか」

    千歌「そ、そうだね!早速次行こう!今日は早めに終わらせよう!」

    梨子「お説教……逃がさないからね」ニコニコ

    千歌「( ゚д゚)」

     

    16: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/24(水) 22:58:45.65 ID:iZvdRech

    ―『趣味』―

    千歌「趣味なんだけどさ」

    梨子「うん」

    千歌「絵画ってあるよね」

    梨子「そうね」

    千歌「梨子ちゃんって絵、そんなに上手くないよね」

    梨子「うぐっ」ドサッ

    ダイヤ「千歌さん?いきなりハートを抉るのはどうかとは思いますわ」

    千歌「ぁ……ごめんなさい」

    ダイヤ「本当のこととは言え失礼ですわ」

    梨子「ぐふっ」バタンッ

    千歌「トドメ刺しちゃったよ」

    梨子「な、なんで2人してそんなこと言うの?」

    ダイヤ「善子さんが犬を拾った時、グラウンドに2人で落書きしていましたよね」

    梨子「落書き……あぁ、ノクターンの絵ですね」

    千歌「え、あれノクターンだったの?」

    梨子「それ以外ないでしょ。何に見えたの?」

    千歌「汚いおじさんか何かだと」

    梨子「ひどいっ!?」

    ダイヤ「私は顎の割れたおじさまかと」

    梨子「うぅ……わ、私の絵は前衛的だから。芸術は理解されないものなのっ!」

    no title

     

    17: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/24(水) 22:59:45.94 ID:iZvdRech

    千歌「前衛的ねぇ」

    梨子「アートだから」エッヘン

    ダイヤ「本人が楽しければ趣味ですし。その次は……手芸?」

    千歌「梨子ちゃんが手芸をやっているの見たことないよね」

    ダイヤ「いつも作曲かピアノを弾いているかですわね」

    梨子「隠れた趣味なので」エッヘン

    千歌「ねね、手芸ってどんなの作るの?」

    梨子「アクセサリー作ったり、編み物したり、ポーチとか作ったり……あ、シュシュも作ったの」

    ダイヤ「シュシュ?」

    千歌「シュシュってあれ?モコモコしたやつ?」

    梨子「そうそれ」

    千歌「でも梨子ちゃんが付けているの見たことないよ」

    梨子「私って言うか、皆で付けたもの」

    ダイヤ「私たちAqoursのことですか?」

    梨子「私が1人で東京に行った時……ほら、衣装の1つとして腕に1つずつ」

    千歌「え、あれって梨子ちゃんの手作りだったの!?」

    ダイヤ「てっきり買ってきたものかと……よく9色集めたものだと思っていましたが……」

    梨子「離れていても繋がっているって思いたくて。曜ちゃんに相談して作っちゃった♪」

    千歌「いや、ちょっ、なんで言わなかったの!?」

    梨子「……なんか、恥ずかしくて///」

    no title

     

    18: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/24(水) 23:00:18.14 ID:iZvdRech

    千歌「言ってよ~。梨子ちゃんがそこまで私たちのことを想ってくれていたなんて、嬉しいじゃ~ん」ニヤニヤ

    ダイヤ「梨子さんも素直じゃありませんわね」ニヤニヤ

    梨子「こうなるから言いたくなかったのに……でもほら、ちゃんと手芸しているってわかったでしょ?」

    千歌「これはさすがにね。最近作ったものとかある?」

    梨子「最近プレリュードの洋服とかかな。やっと昨日完成したの」

    ダイヤ「おぉ……!」

    千歌「すごいよ梨子ちゃん!今日見に行っていい!?」

    ダイヤ「私も……あぁ、いえ。用事がありましたわ」ショボン

    梨子「じゃあグループLINEの方に載せておきますね♪」

    ダイヤ「ほ、本当ですか?ありがとうございます!」

    千歌「プレちゃんの洋服かぁ……楽しみだね♪」

    梨子「プレちゃんじゃなくてプレリュードだってば」

    千歌「略してプレちゃん♡」

    梨子「可愛く言ってもだめー」

     

    19: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/24(水) 23:00:47.35 ID:iZvdRech

    ダイヤ「お2人とも、まだ趣味の話は終わっていませんよ」

    千歌「そうだった。料理はもう趣味の域超えてない?よくお弁当作って持ってきているし」

    梨子「簡単なものだけなら、まぁ」モジモジ

    千歌「すごいよねぇ。自分のとは言え、早起きして作るなんて。私なんていっつも志満姉のお弁当かパンだもん」

    ダイヤ「私も似たようなものです。尊敬しますわ」

    梨子「そ、そんな……それに1人分じゃないから作れ……あっ」

    千歌「誰か他の人の分も作っているの?」

    ダイヤ「……なるほどなるほど」

    千歌「ダイヤちゃんわかったの?」

    ダイヤ「さぁ。誰でしょうねぇ」ニヤニヤ

    千歌「めっちゃニヤニヤしてる……ねぇ梨子ちゃん、誰の分まで作っているの?」

    梨子「……善子ちゃん」

    千歌「善子ちゃん?なんで?」

    梨子「よっ、善子ちゃんってあんまり食べないしちょっと不健康だから……わ、私がお弁当作ってあげようって、思って……///」

    千歌「……梨子ちゃんさぁ」

    梨子「……」アセアセアセアセッ

    ダイヤ(さすがに気付きますか)

    千歌「いい人過ぎるよ……!」ウルウル…

    梨子「えっ」

    ダイヤ「えっ」

     

    20: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/24(水) 23:01:20.54 ID:iZvdRech

    千歌「後輩のためにお弁当を作ってあげるなんて、私できないもん。善子ちゃんは幸せ者だねぇ」

    ダイヤ「いやまぁ、違う意味で幸せ者ですけども」

    梨子「ふぅ危ない……」ボソッ

    ダイヤ「完全にアウトですからね」

    千歌「でもこうなったら、趣味のとこも変えようないね。どうしよっか。適当に高飛び込みって書いとく?」

    梨子「それ曜ちゃんね」

    千歌「じゃあ人間観察とか」

    梨子「それは誰の趣味なのよ」

    ダイヤ「千歌さんの例はアレですが、付け足すのもありですね。最近、ハマっていることなどありますか?」

    梨子「最近だと……本を集めてて」

    千歌「本にまで手を出すなんて、さすが芸術家だね」

    梨子「そんなこと、あるかな?」モジモジ

    ダイヤ「本と言うと小説ですか?それとも雑誌?はたまた芸術的なものですか?」

    梨子「……げ、芸術的な絵画集です」

    千歌「絵画集……!?」

    ダイヤ(これ絶対あれですわ。善子さんが持っていたあれですわ)

    梨子「うん。おん……女神たちの裸の絵とか。ヴィーナスよヴィーナス」

    千歌「ヴィーナス……!?」

    梨子「せっ……命の営みとかが表現力豊かに描かれているの」

    千歌「命の営み……!?」

    梨子「そんな本を集めているの」キリッ

     

    21: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/24(水) 23:01:50.74 ID:iZvdRech

    ダイヤ「なぜそこでキメ顔ができるのですか」

    千歌「何だか梨子ちゃんが遠くにいっちゃった気分……でもいい趣味だよね!これ付け足そうよ!」

    梨子「だめ」

    千歌「なーんでー!?」

    梨子「こういう高尚な趣味は隠れてやるの。だから……ごめんなさい」

    千歌「そうなんだ。私、全然知らなかったよ」

    ダイヤ「普通に気付かれたくないからですよね?」

    梨子「ユニット練習の時の、鞠莉ちゃんのすけべな写真10枚でどうですか」ボソボソッ

    ダイヤ「それでは特技の欄に参りましょうか!」

    千歌「ダイヤちゃん急に元気になったね」

    梨子「どうしてかしら」ニコニコ

    no title

     

    22: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/24(水) 23:02:21.76 ID:iZvdRech

    ―『特技』―

    千歌「ここは変えようないでしょ。お家でも見るたんびにピアノ弾いているし」

    梨子「私の体の一部と言っても過言じゃないからね」

    ダイヤ「ピアノを弾き始めたきっかけを聞いても?」

    梨子「最初は両親の勧めで……でもいつの間にか楽しくなっちゃって」

    千歌「今も楽しい?」

    梨子「もちろんっ♪」

    千歌「そっかぁ。ここはスルーしちゃう?」

    ダイヤ「ビオラの方もスルーですか」

    千歌「びおら?あ、特技の欄に書いてあるね……びおらってなぁに?」

    梨子「楽器ね」

    千歌「そりゃそうだろうね」

    ダイヤ「たしか、ヴァイオリンより少し大きいものでしたっけ?」

    梨子「えぇ。ヴァイオリンより大きくてチェロより小さいんです」

    千歌「真ん中ちゃんなんだね。きっとワガママに育つよ」

    梨子「ヴァイオリンとチェロの陰に隠れて、ちょっと可哀想な子なのよ」

    千歌「梨子ちゃんが愛情たっぷり注いであげないと」

     

    23: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/24(水) 23:03:04.42 ID:iZvdRech

    梨子「いやでも私だけじゃあねぇ。パートナーのよし……こほんっ」

    ダイヤ「今、名前言いませんでした?」咳き込んで名前言いましたよね?」

    梨子「言ってません」

    ダイヤ「……他の楽器は弾けるのですか?」

    梨子「実は少しだけ弾けるものがあって」

    ダイヤ「それは一体?」

    千歌「あ、待って待って。私が当てちゃうよ。うんとね……トランペット!」

    梨子「ぶー」

    ダイヤ「では木琴?」

    梨子「ぶっぶーです」

    ダイヤ「私のセリフが……!」

    千歌「フルート!」

    梨子「全然ぶー」

    千歌「えぇー?もうわかんないや。答え言って」

    梨子「エレキギター」

    ダイヤ「ジャンル違い過ぎやしませんか!?」

    梨子「鞠莉ちゃんにギターを貸してもらって練習したら、思いの外楽しくって。ちょっとしか弾けないけど」

    千歌「清楚な梨子ちゃんがどんどんギルティ色に染まっていく……お母さん悲しいよ!次女とは言え愛情込めて育てたのに!」

    梨子「まだヴィオラの話するの?」

    ダイヤ「……ば、ばっかもーん///」

     

    24: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/24(水) 23:03:53.90 ID:iZvdRech

    梨子「ダイヤさんも無理して乗らなくていいのに……」

    千歌「こんなワガママな子、うちの子じゃないよ!他に特技は!?それか気になってて特技にしたいこととかないの!?」

    梨子「え、えーっと……こす、ぷ……れ、とか」

    千歌「は?」

    ダイヤ「今なんと?」

    梨子「……こしゅぷれ///」

    千歌「めちゃくちゃ可愛い噛み方した……!」

    ダイヤ「千歌さん、そこではなく。コスプレの方に食い付いてください」

    千歌「そ、そっか。どうしてまたコスプレなんか気になりだしてるの?よーちゃんの影響?」

    梨子「善子ちゃんのオススメなの」

    千歌「へ?」

    梨子「善子ちゃんって生放送ってやっているでしょ?泊まりに行った時にたまに出させて貰うんだけど、いろんな衣装を着させてもらって……可愛いくて」

    ダイヤ「それでコスプレ、と」

    梨子「ま、まだ気になっている途中です!集めようだとかイベントに出ようとかは思ってなくて……」アセアセッ

    千歌「いいんじゃない別に?特技のとこ、コスプレにしておこうよ」

    梨子「恥ずかしい///」

    no title

     

    25: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/24(水) 23:04:24.90 ID:iZvdRech

    千歌「またぁ?」

    梨子「これ変えたら一生残るんだよね?」

    千歌「うん」

    梨子「……ピアノとビオラで」

    ダイヤ「ピアノとビオラとコスプレは?」

    梨子「ノーコスプレで!」

    千歌「梨子ちゃんって変なとこでこだわるよね。まぉいいけどさ」

    梨子「つ、次は変えていいから。次の欄は好きにしていいから!」

    ダイヤ「それが……次の3つは付け足す項目なので変えるとかはもう……」

    千歌「……コスプレやっちゃおうか」

    梨子「いやー!」

    ダイヤ「諦めて次いきますわよー」

    千歌「いやー!」

     

    26: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/24(水) 23:05:04.78 ID:iZvdRech

    ―『チャームポイント』―

    千歌「梨子ちゃんってば、本当にわがままだね!」プンスカ

    梨子「そんなこと言われても」

    ダイヤ「お二人とも、チャームポイントのお話ですよ」

    千歌「梨子ちゃんのチャームポイントって言ったら、やっぱりその髪飾りじゃないかな」

    梨子「この後ろのやつ?バレッタって名前なのよ」

    千歌「バレッタ……それのおかげで、どこから見ても梨子ちゃんだってすぐわかるんだ♪」

    梨子「浦の星女学院には私だけだものね」

    千歌「ううん、違うよ」

    梨子「そうなの?2年生にはいないはずだから、3年生?それとも1年の子?」

    千歌「善子ちゃん」

    梨子「えっ」

    千歌「今日ね、おんなじ髪型とバレッタ付けていたから間違えちゃって。リリーじゃないわよ!って顔真っ赤にして怒られちゃった」

    梨子「あ、あはは、そ、そう……」

    ダイヤ「善子さんとお揃いですか。随分と仲がよろしいようで」

    千歌「ねー。親友ってやつなのかな?」

    梨子「そうそう!親友も親友、大親友なの!」アセアセッ

    ダイヤ「親友の域をとっくに超えていますけどね」

     

    27: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/24(水) 23:05:33.27 ID:iZvdRech

    千歌「どういうこと?」

    ダイヤ「いきなり曜さんが千歌さんの髪型を真似たらどう思いますか?」

    千歌「んー、恥ずかしいけどちょっぴり嬉しいかな///」

    ダイヤ「そういうことですよ」

    千歌「……まさか」

    梨子「……ついにばれ、」

    千歌「梨子ちゃん、顔には出していないけどほんとはとっても嬉しかったんだねぇ」ニヤニヤ

    梨子「ば、バレちゃった///」

    ダイヤ(頭の中までみかんでギッシリでしたか)

    梨子「そ、それじゃあダイヤさん。髪飾りをチャームポイントに、」

    ダイヤ「ぶっぶーです」

    梨子「はい?」

    ダイヤ「バレッタはたしかに可愛いです。しかし梨子さんのチャームポイントは美しい長髪、これだけは譲れませんわ」

    千歌「そこは譲ろうよ」

    ダイヤ「いいえ。滑らかで絹のような長髪……これぞ大和撫子!同じ大和撫子として、個性が殺されるのを見捨てられませんわ!」

    梨子「別に死なないんですけど……」

    ダイヤ「それに長髪をチャームポイントにすれば、良いこと尽くしですわ」

    梨子「?」

    ダイヤ「例えば……梨子さんを慕っている方が髪型を真似したり」

    梨子「!」

     

    28: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/24(水) 23:06:08.49 ID:iZvdRech

    千歌「慕っている方?」

    ダイヤ「梨子さんを好きな人ですわ」

    千歌「えっ!?だ、ダイヤちゃん知っているの!?」

    ダイヤ「勘ですわ。その方が髪を下ろしてバレッタも真似て……とても幸せそうですねぇ」

    梨子「」

    千歌「ちょっ、梨子ちゃーん?口開けたまま固まらないでー?アイドルがしちゃいけない顔してるよー?」トントンッ

    梨子「……はっ。結婚初夜までいっちゃった」

    ダイヤ「妄想早過ぎますわ」

    千歌「……チャームポイントって言うほどでもないんだけどさ」

    ダイヤ「はい」

    千歌「梨子ちゃん、かなり雰囲気変わったよね」

    梨子「そう?」

    千歌「うん。初めて会った時は少し元気がなくておとなしくて、アイドルなんかやんない!って頑固で……でも今は全部逆!」

    ダイヤ「元気で活発で柔軟な発想……千歌さんの言うとおりですね。ふんわりとした雰囲気、オーラとでも言いましょうか」

    千歌「それもチャームポイントなんじゃないかな」

    梨子「私のオーラが……」

    ダイヤ「それに影響受けたのか、善子さんも変わりましたし」

    千歌「たしかに~。昔より皆と話すようになったし、笑顔もいっぱい増えたよね!」

     

    29: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/24(水) 23:07:52.18 ID:iZvdRech

    ダイヤ「堕天使語は相変わらずですが、その後に日本語訳を付けるようになりましたね」

    梨子「善子ちゃんは元々ああなんですよ。皆の前で本当の自分を出すのがちょっと苦手なだけで」

    千歌「そんな善子ちゃんを梨子ちゃんが引っ張ってあげて……ふふっ、なんだか運命の人みたいだね♪」

    梨子「///」

    ダイヤ「隠さなくてよいのですか?」

    梨子「な、何の話だかさっぱりです」アセアセッ

    ダイヤ「千歌さんが鈍感でよかったですねぇ。ではチャームポイントはオーラでいいのですか?」

    梨子「……ぜ、全部ってだめですか?」

    千歌「お、欲張りさんだね。でも気に入った!奥さん、おまけで全部入れちゃおう!」

    梨子「もぅ千歌ちゃんったら♪」

    ダイヤ「どこのお魚屋さんトークですか」

    千歌「気にしない気にしないっ♪」

    ダイヤ「梨子さんがよければ、まぁ」

    梨子「やったっ」

    千歌「それじゃお次は子どもの頃の夢だよー!」

     

    30: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/24(水) 23:08:50.80 ID:iZvdRech

    ―『子どもの頃の夢』―

    梨子「これはもう、特に話し合わなくても……」

    千歌「え、そうなの?」

    ダイヤ「恐らくですがピアニストでは?」

    梨子「正解ですっ♪」

    千歌「だめ」

    ダイりこ「は?」

    千歌「それじゃ普通じゃん」

    梨子「普通の女子高生なんだけど」

    千歌「もっとほら、パンチの効いた夢とかないの?」

    梨子「あるわけないでしょ……あっ」

    ダイヤ「今何か思い付きましたね」

    梨子「気のせいです気のせい。ささっ、次いきましょ!」アセアセッ

    千歌「教えてくれないと泣く」

    梨子「小学生じゃないんから……よ」ボソボソッ

    千歌「聞こえませーん」

    梨子「……トムソン椅子」

    ダイヤ「とむ、そん?」

    千歌「外国の人になりたかったの?」

    梨子「そうじゃなくて。ピアノ弾く時に座る椅子があるでしょ?あれってトムソン椅子言うの」

    千歌「そうなんだ~……って、え?梨子ちゃん、椅子になりたかったの!?」

    梨子「///」

     

    31: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/24(水) 23:09:29.95 ID:iZvdRech

    ダイヤ「そういう性癖をお持ちで?」ジトー

    梨子「待って待ってそうじゃないの!お願い、信じて!」

    ダイヤ「ですが、日頃の言動から考えると……ねぇ」

    梨子「とりあえず話を聞いてください。その後なら罵ってくれても大丈夫です」ドキドキッ

    千歌「大丈夫じゃないでしょ」

    ダイヤ「それでどうして椅子になんか」

    梨子「ピアノを始めたての頃、やっぱり楽しい反面覚えることが多くて大変だったの。弾き方や譜面で頭がごちゃごちゃになって……」

    ダイヤ「椅子に手を出してしまったと」

    梨子「その言い方、なんか危ない物に手を出したみたいになってません?」

    千歌「やだよ……やだよ梨子ちゃん!私たちの梨子ちゃんを返してよ!」ウルウル

    ダイヤ「千歌さん落ち着いてください!梨子さんはもう……打って変わってしまったのです」

    梨子「何この茶番」

    千歌「それで何だっけ。何で椅子だっけ」

    梨子「ピアノのそばにいるだけで、綺麗な音色を1番近くで聞けるでしょ?だからなりたいなぁって……これ内緒だからね?」

    ダイヤ「この話、録音していまして」

    梨子「……はい?」

     

    33: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/24(水) 23:10:29.26 ID:iZvdRech

    千歌「あとで皆で聞き返してワイワイやろうかと」

    梨子「ちょっとそれ貸して。急に握力測定したくなっちゃった♡」

    千歌「握り潰す気!?だめだよ、これ美渡姉ぇのだから壊したら怒られちゃうもん!」

    梨子「美渡さんも一緒にニギニギするから!」

    千歌「何言ってるの梨子ちゃん!?」

    ダイヤ「まぁまぁ。椅子になりたいなんて可愛いものではありませんか。消防車やパトカーになりたい子どもと一緒ですよ」

    梨子「可愛い……なら、まぁ」

    千歌「梨子ちゃんって褒められると何でも解決しちゃうよね」ボソボソッ

    ダイヤ「チョロ内さんです」ボソボソッ

    梨子「2人でこそこそ何の話?」

    千歌「なーんでもないっ♪そう言えばピアノで思い出したんだけどさ」

    梨子「うん」

    千歌「コンクールとか、最近どう?」

    ダイヤ「雑に話題振りますねぇ」

    千歌「雑じゃないもん。8月のコンクールに出た後も何回か出ていたよね。東京のとか、こっちのとか」

    梨子「ピアノもスクールアイドルと同じくらい大切なものだからね。でも予選落ちとか銀賞とか……あはは」

    ダイヤ「優秀賞を取ったとは言え、やはり難しいものなのですね」

    梨子「あの時のように弾いても何かが足りなかったり、変なとこで失敗したり。でもそれがすっごく面白くて」ニコニコ

    千歌「面白い?」

     

    34: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/24(水) 23:11:01.22 ID:iZvdRech

    梨子「ここを直せばもっと良くなる、こうすれば上手くなるって次から次へと出てくるの。それを1つ1つ乗り越えて違う私になって……どこまでいっちゃうのかな♪」

    ダイヤ「……本当に変わりましたわね」ニコニコ

    千歌「うん。やっぱり普通じゃないよ♪」ニコニコ

    梨子「ただのピアノ好きなのに……」

    千歌「褒めてるんだよぉ~。それじゃ子どもの頃の夢はトムソンさんでいいの?」

    梨子「椅子ね」

    ダイヤ「ではトムソンさんの椅子で」

    梨子「いやだからトムソン椅子……って椅子でもないんです!ピ、ア、ニ、ス、ト!」

    千歌「トムソンさんの方が強いよ?」

    梨子「強弱じゃないのよ」

    千歌「頑固だねぇ……わかったよピアニストでいいよ」

    梨子「どうして私がワガママみたいな言い方を……まぁいいわ」

    ダイヤ「今なら間に合いますわよ?」

    梨子「早く締め切ってください」プイッ

    千歌「今なら、椅子になりたいサクラリウムって書いてあげるよ?」

    梨子「恋アクみたいに言わないで」

    千歌「椅子になりたいっていう、可愛い梨子ちゃんの方がいいのにぃ」

    梨子「あとでプロフィールを見た時に勘違いされるからダメ。ほらほら、次いきましょ」

    ダイヤ「千歌さん諦めましょう。次で最後ですし、気合い入れていきますわよ」

    千歌「はーい……」

     

    35: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/24(水) 23:11:36.98 ID:iZvdRech

    ―『得意料理』―

    梨子「サンドイッチ」

    千歌「うん」

    梨子「おわり」

    千歌「はっや」

    ダイヤ「料理が趣味なのですから、他にお得意なものはないのですか?」

    梨子「他は普通で……でもサンドイッチだけはこだわりがあるの」

    ダイヤ「具を用意して挟むだけでしょう?」

    梨子「それが違うんですよ。パンによって切り方があったり、定番サンドイッチの法則だったり」

    千歌「( ゚д゚)?」

    梨子「それから切り方、具の挟み方、角度、置き方とか」

    ダイヤ「( ゚д゚)?」

    梨子「こんな感じで、サンドイッチって奥の深い料理なの♪2人ともわかってくれた?」

    千歌「こだわり過ぎじゃない?」

    梨子「……千歌ちゃん」

    千歌「ん?」

    梨子「みかんなんてどこも一緒って言われたらどうする?」

    千歌「ちょっと屋上に行こっか……久しぶりにかんかんみかんだよ……!」

    ダイヤ「どうどう。千歌さんは梨子さんに同じことを言ったのですよ?」

    千歌「……あー、うん。ごめんね梨子ちゃん」

    梨子「いいのいいの。サンドイッチはまだ風当たりの強い食べ物……でも信じていれば、必ずおにぎりを超える国民食になるはずだから!」

    ダイヤ「もうほとんど国民食なのでは……あ、1ついいですか」

    梨子「えぇ」

     

    36: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/24(水) 23:12:08.28 ID:iZvdRech

    ダイヤ「もしも善子さんに料理を作る際、サンドイッチを作るのですか?」

    千歌「ダイヤちゃん何言ってるの?仲良しの子には1番得意なサンドイッチを作る。当たり前で、」

    梨子「麻婆豆腐とか辛いもの、他にはチョコレートケーキとかを作るんです///」

    千歌「サンドイッチは!?」

    梨子「家に来た善子ちゃんにサンドイッチ出すとかちょっとねぇ……考えられないでしょ」

    千歌「いやまぁそうだけど」

    ダイヤ「では善子さん作ってあげた中で、1番好評だったものは?それを得意料理にしてみてはいかがですか」

    梨子「なるほど……3つくらいあるんですよ」

    千歌「それじゃ1つ目ー」

    梨子「ケーキ、かな。特にチョコレートケーキとショートケーキを美味しい美味しいって食べてくれるの///」

    ダイヤ「微笑ましいですねぇ。いつもは堕天していても、好物を前にすると乙女に……可愛らしいですわ」

    千歌「私も食べたいなぁ。ねね、みかんケーキって作れる?」

    梨子「作ったことはないけど……今度挑戦してみようかな♪」

    千歌「やったっ!得意料理はもうケーキでいいんじゃない?」

    ダイヤ「あと2つ残っていますわ。梨子さん、2つ目をどうぞ」

    梨子「善子ちゃん、辛いものが結構好きみたいで。チゲ鍋とかエビチリとかいろいろと作っているんです」

    千歌「めちゃくちゃ料理作っているね」

    梨子「善子ちゃんのお母さん忙しいみたいで。だからたまにだけど、私が遊びに行ってそのままご飯作って……と、泊まったり」

    千歌「梨子ちゃんすごい……あ、ふふっ」ニヤニヤ

    梨子「ど、どうしたの?」

    ダイヤ(千歌さんもようやく気付きましたか)

    千歌「何だかお母さんみたいだなぁって」

    ダイヤ「そっちですか」

    千歌「え?」

     

    37: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/24(水) 23:12:26.11 ID:iZvdRech

    ダイヤ「こちらの話なのでお気になさらず。梨子さん、3つ目は?」

    梨子「……サンドイッチ、です」

    千歌「結局ぅ~?」

    梨子「だ、だって善子ちゃんが……」

    ダイヤ「?」

    梨子「『リリーの作る料理は全て美味しいけど、サンドイッチはリリーも好きだからもっと美味しい』って……」

    ダイちか「……」

    梨子「いろいろ話してきたけど、やっぱり得意料理はサンドイッチがいいなぁって……ダメ、かな」

    千歌「……そこまで言われてダメなんて言えないよ」ニコニコ

    ダイヤ「得意料理を決めるのは梨子さんですからね。好きな人のために1番好きなものを作る。それこそ得意料理ですわ」

    千歌「好きな人のために……?」

    ダイヤ「あっ」

    梨子「」アセアセアセアセッ

    千歌「2人とも……」

    梨子「……実は、」

    千歌「すっごい仲良しじゃん!いくら親友でも好きなんて言えないよ~。このこのぉ」ツンツン

    ダイヤ「千歌さん、今度病院行きましょうか」

    千歌「なんで!?」

    梨子「あ、あはは……」

     

    38: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/24(水) 23:13:00.87 ID:iZvdRech

    千歌「ってダイヤちゃん、それどころじゃないよ!会議終わっちゃったよ!」

    ダイヤ「いつものことではありませんか」

    千歌「そうだけどぉ……今からでも変えられるとこないかな。保留にしていた好きな食べ物とかは?」

    梨子「善子ちゃんも好きなサンドイッチが、世界で1番好きだからこのままで」

    ダイヤ「……だそうです」

    千歌「昔と変わった梨子ちゃんなら、絶対変更できると思っていたのにぃ」ムスー

    梨子「変わってないってば」

    ダイヤ「私はいいことだと思いますわよ?」

    梨子「でもそれって普通じゃないってことでしょ?」

    千歌「普通じゃなくていいじゃん」

    梨子「私だけは唯一の常識人でいたいの」

    ダイヤ「えっ」

    千歌「えっ」

    梨子「えっ」

    ダイヤ「……帰りましょうか」スタスタ…

    千歌「世の中って残酷だね……」テクテク…

    梨子「ちょっ、2人とも!?どうしてそんな悲しい顔で出ていくの!?」タッタッタ…

     

    39: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/24(水) 23:13:31.58 ID:iZvdRech

    ―数時間後・善子宅―

    梨子「善子ちゃーん。ご飯できたわよー」

    ハ-イ…

    梨子「ごはーん」

    イマイク-…

    梨子「……みかんの絞り汁かけるわよー」

    善子「ダメダメダメー!」タッタッタ…

    梨子「呼んだらすぐ来ないと。せっかく作ったのに冷めちゃうじゃない」

    善子「堕天使は遅れてやってくるものなのよ」ギランッ

    梨子「いただきまーす」

    善子「無視された……いただきますっ」

    梨子「ちょっと頑張って煮物作ってみたんだけど、どうかな」

    善子「ステーキがよかった」

    梨子「今から買ってくるわ」スタスタ…

    善子「ジョーク!堕天ジョークよ!」

    梨子「わかってるわかってる」

    善子「リリーのいじわるぅ……あむっ。ふへへぇ///」モグモグ…

    梨子「美味しい?」

    善子「うんっ。さっすが上級リトルデーモンのリリーね!これならいつ嫁いでも安心ね」

    梨子「そりゃ善子ちゃんに嫁ぐからね。好みは完璧に把握済みよ♡」

    善子「///」

     

    40: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/24(水) 23:15:29.91 ID:iZvdRech

    梨子「……あのね」

    善子「ん」

    梨子「今日、千歌ちゃんとダイヤさんとお喋りしたの」

    善子「あぁ、なんかプロフィールがどうこうのやつ?何か変わったの?」

    梨子「なーんにも。ただ楽しくお喋りして解散よ」

    善子「何のためにやったのよ……」

    梨子「その中でね、私が普通じゃないって話をしたの」

    善子「うん」パクパク…

    梨子「私って普通じゃないのかな」

    善子「うん」

    梨子「え?」

    善子「リリーは上級リトルデーモンだから普通じゃないわ」

    梨子「そういう意味じゃ、」

    善子「そもそも」

    梨子「?」

    善子「普通の子なんていないと思うのよね。普通じゃないのが普通なのよ」

    梨子「どういうこと……?」

     

    41: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/24(水) 23:16:32.84 ID:iZvdRech

    善子「普通怪獣なんて言ってた千歌はラブライブで優勝したAqoursのリーダー、曜は完璧超人、ルビィはあんな感じだけどアイドルへの愛は誰にも負けてない」

    梨子「え、えぇ。そうね」

    善子「花丸も運動が苦手なんて言いながら付いてきたし、果南はダイビング好きで体力お化け、ダイヤは生徒会長で綱元、鞠莉は超金持ちのシャイニー理事長」

    梨子「それに加えて善子ちゃんは堕天使よね」

    善子「えぇ。そんな中にいるリリーが普通だと思う?下手すると誰よりも変……個性的よ」

    梨子「善子ちゃんまで私を変人扱いして……むぅ」ムスー

    善子「拗ねないで。リリーが普通じゃないから、私は普通でいられるから感謝しているのよ」

    梨子「普通でいられるって、善子ちゃんこそ普通じゃないのに?」

    善子「そういう意味の普通じゃなくて、うーん……昔のおとなしめのリリーもいいけど、元気で明るくて何事にも挑戦しちゃうリリーがいるから……私は笑っていられるの。それが私の『普通』なの」

    梨子「じゃあ……このままがいいのかな」

    善子「それはリリーが決めることじゃない?もう少しお淑やかになってもいいし、もっともっとはしゃいでもいい。あ、リトルデーモン寄りになってもいいわね♪」

    梨子「そう言われると……困っちゃうかも」

    善子「まぁ、何にせよ……ね」

    梨子「どうしたの?」

    善子「私はどんなリリーでも好きだから。絶対幸せにする自信は変わらないから……そこだけは安心してね」

    梨子「っ///」

    善子「は、話し過ぎちゃった。リリーも食べないと冷めちゃうわ」アセアセッ

    梨子「えぇ……って顔真っ赤だけどどうしたの?」

    善子「う、うるしゃい///ご飯が美味しくて赤くなってるだけ!」

    梨子「ふーん……普通じゃないことして照れてるんだ」ニヤニヤ

    善子「ちがーう!堕天使はそんなことで照れないもん!」

    梨子「なら試してみよっか。はい、あーん♪」スッ

    善子「ちょっ、リリーまで普通じゃないことしないでよ!」

    梨子「何を言ってるの」

    善子「ふぇ?」

    梨子「今日からこれが……私たちの普通になるの♡」

     

    42: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/24(水) 23:17:06.34 ID:iZvdRech

    【桜内梨子のプロフィール(最新)】

    年齢:16歳(高校2年生)

    誕生日:9月19日(乙女座)

    血液型:A型

    身長:160cm

    3サイズ :B80/W58/H82

    好きな食べ物:ゆでたまご・サンドイッチ

    嫌いな食べ物:ピーマン

    趣味:絵画・手芸・料理

    特技:楽器(ピアノ・ビオラ)

    チャームポイント:お気に入りのバレッタと長髪、かな♡あとオーラも……?

    子どもの頃の夢:ピアニスト♪

    得意料理:サンドイッチ。特にたまごサンド!

    最近のマイブーム:善子ちゃん家にお泊り♡

     

    43: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/24(水) 23:17:24.38 ID:iZvdRech

    その後、皆の前でもイチャつく梨子ちゃんと善子ちゃんが、普通の光景になるのはまた別の話。

     

    44: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/24(水) 23:18:17.12 ID:iZvdRech
    もっと普通じゃない梨子ちゃんも面白そうです。乙したー。
    no title

     

    46: 名無しで叶える物語(しうまい) 2018/10/24(水) 23:31:14.97 ID:nhdztPOC
    おつおつ
    梨子ちゃんと趣味同じだわー

     

  • 注目記事